おすすめ記事
WordPressを始めるにはいくら掛かる?安くする方法はある?

WordPressを始めるにはいくら掛かる?安くする方法はある?

どうも!ダッチです。
今回は、WordPressでブログを始める当たって必要な費用や、その費用を抑える方法について説明しています。

 

■これからWordPressを始めたいけどどのくらい費用が掛かるのか知りたい
■費用を抑えてWordPressでブログを運営したい
という方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

因みに、WordPress本体は無料で利用きます。
費用が掛かるのは、WordPressを動作させる環境を用意する場合です。

 

WordPressを始めるのに必要な費用

まずは、WordPressでブログやアフィリエイトを始める際に、一般的に必要となるツールと費用をまとめておきます。

■レンタルサーバー => 年間12,000~15,000円
■ドメイン => 年間1,500~3,000円
■WordPressテーマ購入費用 => 15,000~30,000円 ※購入時のみ

 

まず、WordPressを利用するにはレンタルサーバーとドメインは必須です。

 

ブロガーやアフィリエイターの方がよく利用するレンタルサーバーはエックスサーバー、ミックスホスト、Conoha WINGです。
年一括払いにすることで、月額1,000円程度で利用できる人気のレンタルサーバーです。

サーバーのスペックが高くて、しかも月々1,000円程度とコスパがいいので、例えば店舗サイトやコーポレートサイトなど様々なサイトで利用されています。

 

ドメインは何を利用するかにより料金が異なります。
一般的には、.com、.net、.jp、.meなどがよく利用されます。

どのドメインを利用するかによって料金は変わってきますが、年間で1,500~3,000円程度見ておけばOKです。

 

で、問題はWordPressテーマ。
個人的には有料テーマの購入をおすすめしています。

使用するテーマにもよりますが、一般的には15,000~30,000円程度とお考えください。
レンタルサーバーなどと異なるので、費用が掛かるのは基本的に初回購入時のみです。

 

で、どうして有料テーマの購入をおすすめするのか?
それは、ツイッターなどで情報をチェックしていても、無料テーマから有料テーマへ切り替えを行われる方が多いためです。

途中でテーマを切り替えるのって、かなりの重労働です。
数記事程度であれば問題ないのですが、数十記事、100記事、200記事になってからの以降となると、本当に大変です。

 

これは、私自身も体験済みです。

例えば、新テーマに合わせてタイトルタグやメタディスクリプションの書き換え、文字装飾の書き換えなどなど、本当に大変です。

なので、どうせ有料テーマを利用するなら、最初から有料テーマを購入しておくことをおすすめしています。

 

WordPressを始める当たって個人が絶対にやってはいけないこと

WordPressを始めるに当たって個人が絶対にやってはいけないのが、WordPressの初期セッティングを外部に依頼する事。

 

企業サイトをWordPressで構築する場合には、外注企業にすべてを任せればOKです。

ですが、個人でやる場合には、初期のセッティングくらいは自分で行いましょう。

 

本当に稀にですが、個人でもWordPressのセッティングを外部に依頼される方もいます。
1,000円や2,000円くらいでやってくれるのあれば別ですが、そんな外注先はありません。

そこそこいい値段を取られることもあるので、初期セッティングは必ず自分で行うようにしましょう!

 

WordPressで掛かる費用を抑える方法

ここからが今回の本題です。
上記でも述べたように、通常、WordPressを始めるにあたっては、以下のような費用が掛かります。

■レンタルサーバー => 年間12,000~15,000円
■ドメイン => 年間1,500~3,000円
■WordPressテーマ購入費用 => 15,000~30,000円 ※購入時のみ

これらの費用をどうしても抑えてWordPressを利用したいという方は、参考にしてみてください。

 

まず、レンタルサーバー。
単純に格安サーバーを利用しましょう。

個人的に、格安サーバーの中で一押しはロリポップです。
ロリポップであれば、エックスサーバーやミックスホストなどの月額1,000円程度のレンタルサーバーと比べても十分なスペックです。

 

他の格安サーバーに関しては、正直、月額1,000円程度のレンタルサーバーと比べるとスペックは劣ります。
ですが、極端に表示速度が遅いなどということはなくて、運用には問題のないレベルです。

もし、おすすめの格安サーバーについて知りたい方は、以下のページをお読みください。

 

ドメインに関しては、ドメイン費用が永久無料となるレンタルサーバーを利用する方法があります。
これも、格安サーバーのロリポップがおすすめです。

エックスサーバー、ミックスホスト、Conoha WINGでもドメイン費用の永久無料サービスは付いています。
もし、これらのレンタルサーバーを利用される場合には、そちらで取得することをおすすめします。

 

レンタルサーバー代を抑えて、かつドメインを無料で使いたいならロリポップが一番おすすめですね!

 

そして、WordPressテーマですが、これは有料テーマを利用する限りは必ず購入費用が掛かります。

どうしても費用を掛けたくない方は、無料のCocoon(コクーン)というテーマを利用しましょう。

 

Cocoonは無料ですが、有料テーマ並みに高機能で、多くの方が利用されています。
ただし、途中で有料テーマに切り替えるといろいろと大変なので、最後までCocoonを使い続けることをおすすめします。

Cocoonのデメリットとして、利用者が多くてデザインがシンプルすぎる点が上げられます。
その為、他の方とデザインが被りやすいです。

 

ただ、これはメイン画像やアイキャッチ、文字の装飾やサイトの全体の色味を変更するなどして、オリジナリティを出すこともできます。

プラグインなどを利用してスライダーを設置したり目次を設定することもできます。
CSSやHTMLが分かる方であれば、独自に書き変えることもできます。

人気テーマなので情報量も多いです。
もし無料テーマでのサイト運営をお考えの方は、Cocoonを検討してみてください。

一応、Cocoonの設定方法については以下のページでもまとめているので、興味のある方はお読みください。

 

それと、もしレンタルサーバーにConoha WINGを利用される場合、SANGO(サンゴ)とJIN(ジン)を割引価格で利用することもできます。
また、お名前.comのレンタルサーバーであれば、Diver、賢威(けんい)、THE THOR(ザ・トール)、Emanon Business(エマノン)、LIQUID PRESS、Sunsetを割引価格で利用することができます。

 

もしこれらのレンタルサーバーを利用される方や、割引に興味のある方は、公式サイトでご確認ください。

 

まとめ

費用を抑える方法をまとめると、以下になります。

■格安のレンタルサーバーを利用する
■ドメイン費用が永久無料になるレンタルサーバーを利用する
■無料テーマ(Cocoon)を利用する
■有料テーマを割引価格で利用できるレンタルサーバーを利用する

 

最後に

今回は、WordPressの運用コストを抑える方法についてまとめました。

レンタルサーバーとドメインは必ず必要になります。
これらは格安サーバーを利用したり、ドメインとセットになっているレンタルサーバーを利用することで費用を抑えることができます。

 

因みに、ご利用のプロバイダーが無料で提供しているサーバーなんてものもあります。
本業のお客さんで利用されている方もいたのですが、制限が厳しかったりするのであまりおすすめはしていません。

ですが、もし興味のある方は、一度お使いのプロバイダーを調べてみてください。

 

また、WordPressのテーマについては、無料で利用する場合にはCocoon(コクーン)というテーマをおすすめしています。
有料テーマの方がおすすめなのですが、Cocoonであれば有料テーマにも匹敵する高機能なので、多くの方が利用されています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事