※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
「WP Rollback」でWordPressテーマとプラグインをバージョンダウンする方法

今回は、WordPressのプラグインWP Rollbackの紹介です。

「WP Rollback」とは、WordPressのテーマとプラグインのバージョン管理用のプラグインです。
バージョンダウンを行うこともでき、何らかの理由で以前のバージョンを利用したい場合に便利なプラグインです。

ダッチ

バージョンダウン前にはバックアップも忘れずに!

「WP Rollback」を使ってバージョンダウンを行う場合には、事前にバックアップだけ取っておきましょう。
念のために、データベースやWordPress本体も含めて、全てのバックアップを取っておく方が安全です。

因みに、WordPress本体のバージョンダウンを行いたい場合には、「WP Downgrade」というプラグインがおすすめです。

 

WP Rollbackのインストール方法と使い方(バージョンダウン方法)

WP Rollbackのインストール方法

まずは、「WP Rollback」を、プラグインの新規追加画面からインストールする必要があります。

WordPress管理画面左メニュー「プラグイン」→「新規プラグインを追加」と移動してください。
プラグインの新規追加画面

プラグインの新規追加画面が表示されるので、画面右上にある検索ボックスに「WP Rollback」と入力して検索を行います。
WP Rollbackを検索してインストール
検索を行うと、左上に該当プラグイン「WP Rollback」が出てくるので、「今すぐインストール」をクリックしてインストールを行います。

インストールが完了したら「WP Rollback」を有効化します。
WP Rollbackを有効化

これで「WP Rollback」のインストールが完了です。

次は、実際に「WP Rollback」を使ってWordPressのテーマ・プラグインのバージョンダウンを行う方法を説明します。

WordPressテーマのバージョンダウン

「WP Rollback」でWordPressテーマをバージョンダウンする方法を説明していきます。

まず、テーマの管理画面へ移動します。
そこに、インストール済みのテーマが全て表示されています。

今回は、デフォルトでインストールされている「Twenty Twenty」というテーマのバージョンダウンを行ってみます。
※インストールされているテーマは各自異なるので、皆さんはご自分がバージョンダウンしたいテーマを選んで下さい。
WordPressテーマのバージョンダウン

該当テーマをクリックすると、「Twenty Twenty」の詳細画面が立ち上がります。
その画面に「ロールバック」というテキストリンクが表示されているので、クリックします。
WordPressテーマのバージョンダウン

ロールバックの画面へ移動します。
WordPressテーマのバージョンダウン

例えば、「2.1」へバージョンダウンしてみます。
WordPressテーマのバージョンダウン

ロールバックをクリックすると、この画面が立ち上がります。
WordPressテーマのバージョンダウン
ここで、もう一度ロールバックをクリックすると、バージョンダウンが完了します。

WordPressテーマのバージョンダウン
これでテーマのバージョンダウンが完了しました。

ダッチ

バージョン変更できるのはWordPress公式のテーマのみ!

「WP Rollback」でバージョンダウンが可能なのは、WordPress公式に登録されているテーマのみです。
例えば、当ブログで使用している有料テーマ「Diver」の詳細画面を立ち上げても、ロールバックは表示されていません。
WordPressテーマのバージョンダウン

WordPress公式に登録されていないテーマは、自身で旧バージョンのテーマを取得してバージョンダウンを行いましょう。
もし、旧バージョンが手に入らない場合は、バージョンダウンは行えません。

プラグインのバージョンダウン

次は、プラグインのバージョンダウン方法を説明していきます。
と言っても、テーマの場合と大きくは変わりません。

まず、プラグインの管理画面を開いてください。
インストール済みのプラグインが表示されており、ロールバックというテキストリンクが追加されているはずです。

今回は、試しに「Autoptimize」というプラグインのバージョンダウンを行ってみます。
プラグインのバージョンダウン

プラグインのバージョンダウンの画面へ移動します。
そこに、バージョン一覧が表示されているはずです。
プラグインのバージョンダウン

今回は、「3.1.8.1」へバージョンダウンしてみます。
プラグインのバージョンダウン

バージョンを選んでロールバックをクリックすると、この画面が立ち上がります。
プラグインのバージョンダウン

プラグインのバージョンダウン
ここで、もう一度ロールバックをクリックすると、バージョンダウンが完了します。

プラグインのバージョンダウン

再度、プラグインの管理画面へ戻ってみましょう。
このように、旧バージョンへ更新されて、バージョンアップ通知が表示されているはずです。
プラグインのバージョンダウン

 

プラグイン「WP Rollback」のまとめ

今回は、WordPressプラグイン「WP Rollback」について、インストール方法と使い方をまとめました。

「WP Rollback」は、テーマとプラグインのバージョン管理を行うためのプラグインです。
旧バージョンへバージョンダウンすることも可能で、便利なプラグインです。

ただし、テーマもプラグインも、本来は、安全上の問題で最新バージョンを利用するのが理想です。
何らかの理由で旧バージョンを利用せざるおえない場合のみ、バージョンダウンを行いましょう。

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事