※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
WordPressプラグイン「Really Simple SSL」で常時SSL設定をサクッと行う方法!

WordPressプラグイン「Really Simple SSL」で常時SSL化をサクッと行う方法!

こちらの記事では、WordPressの人気プラグイン「Really Simple SSL」で常時SSL化の設定を行う方法を説明します。

こちらのプラグインは、基本はインストールして有効化するだけで動作するので設定か簡単です。

 

.htaccessを使って自力で行う方法もあります。

プラグインの数を増やしたくない場合には.htaccessでの設定をおすすめしますが、そうでなければプラグインでサクッと行ってしまいましょう。

 

こちらの記事では、まず「Really Simple SSL」のインストール方法から説明していきます。

 

「Really Simple SSL」のインストール方法

「Really Simple SSL」のインストールは、WordPressの管理画面左カラムの「プラグイン」→「新規追加」の画面から行います。
WordPressプラグインの設定画面

プラグインインストール画面を開いたら、画面右上の検索ボックスに「Really Simple SSL」と入力して検索を行ってください。
そうすると、左上に該当プラグインが出てきます。
プラグイン「Really Simple SSL」の検索・インストール
「今すぐインストール」をクリックして、インストールを開始ます。

インストールが完了したら「有効化」ボタンが表示されるので、クリックして「Really Simple SSL」を有効化します。
プラグイン「Really Simple SSL」を有効化

「Really Simple SSL」を有効化すると以下のような画面に自動で移動します。
プラグイン「Really Simple SSL」を有効化
こちらの画面で「SSLを有効化」をクリックすると、HTTPSへのリダイレクト設定が有効化になります。

これだけで常時SSL化の設定が完了するので簡単ですね。

ただ、「Really Simple SSL」には専用の画面もあります。
そちらについても説明していきます。

「Really Simple SSL」の設定画面

「Really Simple SSL」をインストールして有効化すると以下のような設定画面に自動で飛びます。
※自動で遷移しない場合には、WordPress管理画面左カラムから「設定」→「SSL」と移動してください。
「Really Simple SSL」の設定画面

常時SSLの設定は完了したのですが、画面上に複数のメッセージが出ていますね。

WordPress本体の元々の設定状況や利用しているサーバーなどによっても出てくるメッセージが異なります。

ですが、今回はこちらの画面に出ているメッセージの対応方法だけは説明していきます。

SSLが有効になりました。この記事をお読みになり、このサイトが安全かご確認ください。

この項目では、特に設定する内容はありません。

右側に表示されている「詳細」をクリックすると外部ページが開くので、可能であればそちらのページに目を通しておきましょう。

Google Analytics や Search Console などの外部サービスのURLも忘れずに変更しましょう。これにより、 https への移行に伴うデータ損失を防ぐことができるはずです。

こちらは、「Google Analytics」と「Search Console」の設定変更も行っておきましょう![/color]というメッセージです。

既に設定されている方も多いと思いますが、常時SSL化の設定後には変更が必要になるので注意しましょう。

 

「Google Analytics」についてはプロパティを設定を変更するだけです。

該当ドメインのプロパティ設定画面を開いて、「デフォルトのURL」を http:// から https:// へ変更します。
Google Analyticsのプロパティ設定画面
設定の変更はこれだけになります。

 

「Search Console」については、既に登録済みであっても一から登録のし直しになります。

といっても、既に「HTTP」のURLを登録されていると思うので、同様にして「HTTPS」のURLも登録するだけです。

こちらのブログでも近いうちに「Search Console」の登録方法をまとめますが、簡単なので挑戦してみてください。

 

https://search.google.com/search-console/about
から「Search Console」の画面にアクセスしてください。

画面が開いたら、プロパティの登録を行うだけです。
Search Console

WordPress による301転送が有効です。.htaccess による.301転送を推奨します。

こちらは、.htaccessでの301リダイレクト設定を推奨するメッセージです。

画面をスクロールして少し下に移動してください。
「設定」という項目があるので、その中にある「301 .htaccess 転送を有効化」を有効化して設定を保存ください。
301 .htaccess 転送を有効化

この設定により.htaccessへ以下のような記述が追記されます。


RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !https
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

※もし.htaccessへの書き込み権限がない場合には、上記コードを追記できません。
 事前に.htaccessへの書き込みを行えるようにしておいてください。

 

WordPressプラグイン「Really Simple SSL」のまとめ

こちらの記事では、HTTPをHTTPSへ強制的にリダイレクトするのに便利なWordPressプラグイン「Really Simple SSL」についてまとめました。

 

今や、新規サイトをオープンする際、常時SSL化はデフォルトで行っておくべき設定となっています。

既存サイトでも、ほとんどのサイトで常時SSL化の設定が導入されています。

常時SSL化はGoogleの検索順位にも影響するので必ず行っておくべき設定です。

 

常時SSL化は.htaccessを使って自力で行うことも可能ですが、WordPressを使っている場合にはプラグインでサクッと行うことも可能です。

こちらの記事を読んでいただいた方は、プラグイン「Really Simple SSL」を使って時間をかけずに設定してみましょう。
導入も簡単でおすすめのプラグインです!

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    ブログ・WordPress・レンタルサーバーに関して分からないことがあればご質問ください!
    ご質問・ご相談は無料で受け付けています。

    https://dacchi.hp.peraichi.com/

    WEB制作に関するお仕事の依頼は、こちらのホームページからお願いします。

    丹波のホームページ屋さん

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事