※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
SSL・WAFも使えて無料!シン・クラウド for Freeを実際に使ってみた!

今回は、新しくリリースされた完全無料のレンタルサーバー「シン・クラウド for Free」についてまとめました。
実際に使ったみた感想などもまとめているので、「シン・クラウド for Free」に興味ある方はチェックしてみましょう。

因みに、結論だけまとめておくと、「シン・クラウド for Free」は、独自SSL・WAFを利用することができ、ストレージ容量も10GBです。
広告表示もなく、無料とは思えないサーバーです。

それにより、独自ドメインを使ったWordPressでのWEBサイト運用も問題なく行え、アフィリエイトサイトでも利用できます。
また、小規模な会社サイトや店舗サイトであれば、問題なく動作します。

ただし、メールアドレスの発行が行えず、メールも一緒に使いたいという方にはおすすめできないです。

ダッチ

ダッチ

シン・クラウド for Freeの主な特徴はこんなところです。

  • 容量は10GB
  • 独自無料SSL・WAFを利用できる
  • 独自ドメインも利用できる
  • 広告が表示されない
  • 小規模であれば、アフィリエイトサイトや会社サイト・店舗サイトでも利用可
  • メールアドレスを使えないので、その点はデメリット
\シン・クラウド for Freeの申込みはコチラ/
容量10GB!SSLを使えて広告表示もなし!

中規模以上のWEBサイト運営やメール機能が必須という方には、「シン・クラウド for Free」はおすすめできません。
有料のシン・レンタルサーバーを検討しましょう。

当記事を書いている人
サイト運営者
こちらの記事は、プログラミング・WEB制作歴15年以上、ブログ歴10年以上のプログラマーが書いています。
プライベートでも仕事でも多くのレンタルサーバーを利用してきた経験から、サーバーに関する豊富な知識をもとに書いています。
>> プロフィール

シン・クラウド for Freeについて

シン・クラウド for Freeとは

「シン・クラウド for Free」とは、シンクラウド株式会社が提供する完全無料で利用できるレンタルサーバーです。
いわゆる無料サーバーの一つで、エックスフリーの後継となるサーバーサービスです。

エックスフリーとの大きな違いは、やはり独自SSL・WAFを利用できる容量が10GBに増えたところです。

それにより、WEBサイト全体をHTTPS通信にすることができ、SEO的にも有利になります。
さらに、WordPressの脆弱性対策も行えます。

また、エックスフリーのように広告が表示されることもなく、かなり使い勝手がよくなりました。

もちろん、独自ドメインもデータベースも利用することができ、WordPressの利用も可能です。
ストレージにはSSDを採用しており、容量10GBとなっているので、低品質な格安サーバーよりもスペックも機能も上になっています。

スペック・機能(エックスフリーとの比較あり)

「シン・クラウド for Free」の主なスペックや機能については、以下の表にまとめておきます。

旧サービスのエックスフリーについても一緒にまとめておきます。
気になる方は、比較しながらチェックしてみましょう。

シン・クラウド for Freeエックスフリー
ディスク容量
(SSD)
10GB1~2GB
独自ドメイン10個5~10個
サブドメイン50個50個
無料独自SSL×
WAF×
アクセス拒否設定×
データベース数MariaDB10.5 最大5個MySQL5 最大5個
データベース容量500MB50~100MB
WordPress
簡単インストール
PHPPHP7 / PHP8PHP5 / PHP7 / PHP8
SSI
Perl
※バージョンは5.26.x
×
Ruby
※バージョンは2.5.x
×
Python
※2.7.x / 3.6.xを利用可
×
.htaccess
Cron-
SSH×
メールアドレス××
FTP
Xアクセラレータ×
サーバーキャッシュ設定×
動作確認URL設定×
FTP over SSL
サポート××
広告の表示なしあり

やはり、大きいのは独自SSL・WAFを利用できるようになった点と、ストレージ容量が10GBと大幅に増えた点ですね。
これによって、小規模なWEBサイトであれば運営が可能になりました。

また、PHPも7と8を使えて、「PHP7.2 / PHP7.3 / PHP7.4 / PHP8.0 / PHP8.1 / PHP8.2」から選択できるようになりました。
データベースもMariaDB10を利用することができ、WordPressも問題なく動作します。

「シン・クラウド for Free」のおすすめポイント

「シン・クラウド for Free」のおすすめポイントは、この7つです。

  • 広告が表示されない
  • 独自SSLを利用できる
  • WAFを利用できる
  • 独自ドメインを利用できる
  • WordPress簡単インストール機能を搭載
  • 高速化設定(Xアクセラレータ、サーバーキャッシュ設定)を利用できる
  • HTTP/2をサポート

「シン・クラウド for Free」の一番のポイントは、やはり「広告が表示されない」「独自SSLを利用できる」という2点ですね。
この2点はエックスフリーの大きなネックになっていたので、これでWEBサイトの本格的な運営も行えるようになりました。

また、独自ドメインを使えて、WordPressの簡単インストール機能も搭載しており、アフィリエイトサイトでも利用しやすいです。

Check

独自ドメインが無くても、「サーバーID.cloudfree.jp」という初期ドメインを利用することもできます。
ドメイン費用をかけたくない方は、初期ドメインを使ってWEBサイトを公開することもできます。

他にも、高速化機能としてXアクセラレータやサーバーキャッシュ設定を搭載しています。
高速化技術であるHTTP/2もサポートしており、高速なWordPressの表示も期待できます。

WAFの設定も可

WAFを利用できるのも大きいですね。
100%不正アクセスをブロックできる訳ではないですが、WordPressのようなWEBアプリケーションにとっては強力な脆弱性対策になります。

デメリットは4つ

「シン・クラウド for Free」の大きなデメリットは、以下の4つです。

  • ストレージ容量が10GBしかない
  • メールアドレスを発行できない
  • バックアップ機能がない
  • サポートがない

「シン・クラウド for Free」では、ストレージにオールSSDを採用しており、高速化を図っています。

ただ、ストレージ容量が10GBと少ないので、そこはネックになりますね。
とは言え、無料サーバーで10GBというのは多い方になるので、デメリットと捉えるか、メリットと捉えるかはあなた次第にはなります。

また、メールアドレスを利用できず、メール機能を使えないのもデメリットです。

ダッチ

デメリットを許容できる方には「シン・クラウド for Free」もおすすめです!

\シン・クラウド for Freeの申込みはコチラ/
容量10GB!SSLを使えて広告表示もなし!

シン・クラウド for Freeがおすすめな方

「シン・クラウド for Free」は、独自ドメイン、独自SSL、MySQLを利用することができ、WordPressを使ったWEBサイトの運営も問題なく行えます。
これにより、アフィリエイトでも利用できるようになりました。

また、小規模であれば、会社サイトや店舗サイトでも利用できるレベルです。

シン・クラウド for Freeがおすすめな方
  • メールアドレスの発行が不要な方
  • 小規模な会社サイト・店舗サイトの運営者
  • 個人ブログ・アフィリエイトサイトの運営者
  • 静的ページのみの簡易的なWEBサイトの運営者
  • サテライトサイト用のレンタルサーバーをお探しの方

「シン・クラウド for Free」は、10GBあるので、静的ページのみのWEBサイトやサテライトサイトで利用するのにもおすすめです。
これらの簡易的なWEBサイトだと容量もさほど必要としないことが多いので、おすすめです。

ただし、ストレージ容量が10GBなので、ある程度WEBサイトの規模が大きくなると有料サーバーへ移転が必要になります。
例えば、画像を大量に使用される方だと、10GBは直ぐにいっぱいになります。

また、メールアドレスの発行を行えないので、メールも同時に使いたいという方にはおすすめできないです。

こういった方には、有料のシン・レンタルサーバーやエックスサーバーをおすすめします。

ダッチ

ただ、基本的に「シン・クラウド for Free」は上級者に向いているレンタルサーバーです。

ポイント!

WEB制作やWordPress初心者の方には、「シン・クラウド for Free」はおすすめできません。
サポートが無いので、トラブル時にはWEBサイトの復旧を行えなかったり、問題を解決できずに放置ということにもなりかねません。

シン・クラウド for Freeを使ってみた感想

管理画面が非常に使いやすい

「シン・クラウド for Free」を実際に使ってみた感想としては、必要な機能のみに絞ったという感じで、非常に使いやすいです。
サーバーパネル(サーバーの管理画面)もシンプルになっており、操作しやすく感じました。
シン・クラウド for Freeのサーバーパネル

WordPressのインストール画面も使いやすいです。
シン・クラウド for FreeのWordPress簡単インストール画面
それに、WordPressに関するセキュリティ設定も行えるようになっています。
シン・クラウド for FreeのWordPressセキュリティ設定
WordPressもセキュリティに配慮して運用することができ、安心して利用することができます。

さらに、php.iniの設定編集も行えるようになっており、必要に応じてPHPの設定を変更することも可能です。
php.iniの編集画面

ここまでチェックしても、無料とは思えない高機能になっていますね。

WordPressの測定結果

また、実際にWordPressをインストールしてみましたが、体感速度では有料レンタルサーバーと大差はなかったです。

一応、インストールしたWordPressを「PageSpeed Insights」で測定してみましたが、かなりいい数字が出ました。

シン・クラウド for Freeの測定結果

検証時の設定はこちらです。

【検証内容】

PageSpeed Insightsで測定
・サンプル記事を5件投稿(1記事3,000文字以上、画像あり)
・WordPressテーマはデフォルト
・以下のプラグインをインストール
Akismet Anti-spam、Autoptimize、Classic Editor、Classic Widgets、Contact Form 7、EWWW Image Optimizer、Limit Login Attempts Reloaded、XML Sitemap & Google News

このあと、WordPressテーマを変えたり、記事が溜まっていくと、測定結果は変わってくると思います。
ですが、インストールしたてだとしても、この結果はかなりいいですね。

感想のまとめ

このような感じで、実際に使ってみて感じたのは、WordPressを使ったWEBサイトも問題なく運営できるということです。

ストレージ容量が10GBと少ないので、そこは大きなマイナイスポイントにはなります。
ですが、取り合えずWordPressを使ったWEBサイト公開できればいいという方であれば、全く問題ないです。

それに、サポートはないですが、サーバーパネルも使いやすく、上級者の方でも問題なく使いこなせると感じました。

バックアップ機能がないのは少し不安に感じるところです。

ですが、そこはHDDなどに手動でバックアップを取るなどしてカバーすることもできます。
WordPressの場合は、バックアップ用プラグインを利用するのもいいです。

\シン・クラウド for Freeの申込みはコチラ/
容量10GB!SSLを使えて広告表示もなし!

他社無料サーバーとの比較

「シン・クラウド for Free」と他社の無料で利用できるレンタルサーバーをいくつかの項目で比較でしてみましょう。

シン・クラウド for FreeスターサーバーフリーXREA Free
利用料金無料無料無料
初期費用無料無料無料
ストレージ10GB2GB10GB
独自ドメイン
(マルチドメイン)
10個1個20個
無料独自SSL×
WAF××
MySQL5個(500MB)1個(50MB)5個
PHPPHP7.2 / PHP7.3 / PHP7.4 / PHP8.0 / PHP8.1 / PHP8.2PHP5.3.3 / PHP5.5 / PHP5.6 / PHP7.0 / PHP7.1 / PHP7.2 / PHP7.3 / PHP7.4 / PHP8.0 / PHP8.1 / 8.2PHP5.6 / PHP7.0 / PHP7.1 / PHP7.2 / PHP7.3 / PHP7.4 / PHP8.0 / PHP8.1 / 8.2
WordPress
広告表示なしありあり
転送量900GB/日転送量課金なし5GB/日
FTP
メールアドレス××
※100アカウント
バックアップ××
商用利用
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

比較してみると、無料サーバーとして優良なのは「シン・クラウド for Free」か「XREA Free」ですね。

この2つのサーバーを比較した時に「シン・クラウド for Free」のデメリットとなるのが、バックアップ機能がないという点ですね。
また、メールアドレスを発行できないのも、「XREA Free」と比較した時のデメリットになります。

ただ、「シン・クラウド for Free」には、広告表示がありません。
さらに、1日の転送量上限が900GBとなっているので、1日5GBしかない「XREA Free」と比べてもかなり多いです。

シン・クラウド for Freeのまとめ

今回、実際に「シン・クラウド for Free」を使ってみて、WEBサイトの表示速度は、決して遅くないです。
それに、ストレージ容量10GB、オールSSD採用、無料SSL利用可となっており、質の悪い格安サーバーと比べるとかなり使い勝手がいいです。

ただし、ストレージ10GBというのは少し心もとなく、規模の小さなWEBサイトや、静的ページのみの簡易的なWEBサイトの運用向けになります。
また、メールアドレスを利用できないのもデメリットです。

その点は理解した上で、「シン・クラウド for Free」を利用するようにしましょう。

\シン・クラウド for Freeの申込みはコチラ/
容量10GB!SSLを使えて広告表示もなし!

シン・クラウド for Freeのよくある質問

他社取得の独自ドメインも利用できる?

利用できます。

独自SSLは利用できる?

利用できます。

サポートはある?

シン・クラウド for Freeは無料サーバーになるため、サポートは一切ありません。

WordPressを利用できる?

利用できます。WordPress簡単インストール機能も付いているので、簡単にWordPressの利用を開始できます。

ディスク容量はいくら?

10GBです。

セキュリティ設定は可能?

WordPressに関する様々なセキュリティ設定が可能です。また、無料SSLも利用できます。

DNSレコードの編集はできる?

DNSレコード編集画面にて編集が可能です。Aレコード、AAAAレコード、MXレコード、TXTレコード、NSレコード、CNAMEレコードを設定する事ができます。

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    当サイトは丹波のホームページ屋さんの代表「ダッチ」が運営しています。

    プログラミング・WEB制作歴15年以上になります。

    ブログ・WordPress・レンタルサーバーに関して分からないことがあればご質問ください!
    ご質問・ご相談は無料で受け付けています。

    https://dacchi.hp.peraichi.com/

    WEB制作に関するお仕事の依頼は、こちらのホームページからお願いします。

    丹波のホームページ屋さん

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事