※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
KUSANAGI搭載!シン・レンタルサーバーについて詳しく解説!

シン・レンタルサーバーとは、エックスサーバーの技術をベースにした共用タイプのレンタルサーバーです。
超高速環境であるKUSANAGIを搭載しており、WordPressで作成したWEBサイトの高速表示も期待できます。

今回は、シン・レンタルサーバーの利用料金や特徴、メリット・デメリットをまとめています。
また、エックスサーバとの違いもまとめています。

シン・レンタルサーバーを検討されている方は、ぜひ最後まチェックしてください。

ダッチ

ダッチ

こちらの記事を読むことで、以下のようなことが分かります。

  • シン・レンタルサーバーの利用料金や特徴
  • シン・レンタルサーバーの口コミ・評判
  • シン・レンタルサーバーのメリット・デメリット

エックスサーバーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてチェックしてみましょう。

また、アフィリエイト向けのレンタルサーバーをお探しの方は、こちらの記事もチェックしてみましょう。

\シン・レンタルサーバーの申込みはコチラ/
10日間無料お試し期間・ドメイン永久無料特典あり!
当記事を書いている人
サイト運営者
こちらの記事は、プログラミング・WEB制作歴15年以上、ブログ歴10年以上のプログラマーが書いています。
プライベートでも仕事でも多くのレンタルサーバーを利用してきた経験から、サーバーに関する豊富な知識をもとに書いています。
>> プロフィール

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーについて

レンタルサーバーとは、ざっくりと言うとWEBサイトのコンテンツやメールデータなどを保存するためのディスクスペースを提供するサービスです。

自分だけのドメインを取得して、自分のWEBサイトを公開することもできます。
また、ドメインに紐づいたメールアドレス(例: info@example.com)の作成や、メールの送受信機能を利用することもできます。

さらに、データベースやプログラミング言語も利用することができ、多くのレンタルサーバーではWordPressというWEB制作ツールを利用することもできます。

因みに、レンタルサーバーは、個人・法人を問わず利用することができます。
ですが、大規模なWEBサイトになると、場合によっては、さらに高性能なVPSや専用サーバーを検討することもおすすめです。

レンタルサーバーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

サーバーレンタルの利点

レンタルサーバーを利用するメリットは、やはり、サーバーを設置・管理する手間を省けて、運用コストも抑えられるところです。
専門的な知識や技術力が無くてもサーバーを利用することができ、誰でもWEBサイトを持つことができます。

また、多くのレンタルサーバーサーでは、専門的なサポートを利用することができ、初心者でもWEBサイトの公開が可能です。

バックアップ機能も搭載されており、セキュリティ対策を施されているレンタルサーバーも多いです。
機能が豊富なサービスも多く、利用目的や予算、技術的な条件に応じて適切なプランやサービスを選ぶこともできます。

 

シン・レンタルサーバーの利用料金や特徴

まずは、シン・レンタルサーバーの利用料金とスペックをチェックしてみましょう。

利用料金、スペック

シン・レンタルサーバーには4つの料金プランがあり、利用者の都合に合わせた料金やスペックから選ぶことができます。
最低利用期間が3ヶ月となっており、36ヶ月契約まで可能となっています。

※料金は月額で表示しています。

ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
ストレージ容量300GB400GB500GB600GB
メモリ8GB12GB16GB20GB
vCPU6コア8コア10コア12コア
初期費用無料無料無料無料
3ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
6ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
12ヶ月880円1,780円3,560円7,120円
24ヶ月825円1,650円3,300円6,600円
36ヶ月770円1,540円3,080円6,160円
無料お試し期間10日間10日間10日間10日間

どの料金プランがおすすめ?

初めて利用される方は、どの料金プランを利用すればいいのか迷われると思います。

個人で利用する場合、まずはベーシックプランから始めるのがおすすめです。
その後、WEBサイトが育ってくると、さらに上位のスタンダードプランやプレミアムプランへアップグレードするのがおすすめです。

ただ、ビジネス利用が目的であれば、初めからビジネスプランをおすすめします。

契約期間はどのくらいがいい?

長期契約の方が安くなりますが、いきなり36ヶ月契約にするのは不安だと思います。

その為、まずは12ヶ月契約で開始するのがおすすめです。
1年間使ってみて継続できそうであれば、その次からは24ヶ月契約や36ヶ月契約で更新するのも良いです。

ただ、長期契約することが決まっていて、少しでもコストを抑えたいというの場合もあります。
その場合には、36ヶ月契約で申込むのもおすすめです。

 

スペック・機能・仕様

次は、シン・レンタルサーバーの主なスペック・機能や仕様をチェックしてみましょう。

ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
WEBサーバーnginxnginxnginxnginx
RAID構成RAID10RAID10RAID10RAID10
HTTP/2
ストレージNVMe SSD
ストレージ容量300GB400GB500GB600GB
転送量転送量課金無し
無料独自SSL〇 ※有料のSSL証明書もあり
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限無制限
自動バックアップ標準搭載
※全プラン無料で利用可
データベースMySQL(MariaDB10.xx)を利用可 ※無制限に作成可能
SQLite
PHPPHP7.2.x / PHP7.3.x / PHP7.4.x / PHP8.0.x / PHP8.1.x / PHP8.2.xを利用可
PerlPerl5.16.xを利用可
RubyRuby2.0.0を利用可
PythonPython2.7.x / Python3.4.x / Python3.6.xを利用可
SSI
Cron
再販原則禁止
商用利用
アダルト利用
サポートメールサポート、電話サポート、設定代行サービス(有料)

転送量に関しては、無制限となっており、シン・レンタルサーバーでは転送量課金は発生しません。
ですが、あまりにもアクセスが集中すると、制限を受ける可能性もあります。

また、シン・レンタルサーバーは商用利用は可能で、さらにアダルトサイトの運営も可能となっています。

 

信頼性・セキュリティ

シン・レンタルサーバーでは、様々なセキュリティ機能が実装されています。
それにより、安心してWEBサイトの運営を行えるのもポイントです。

具体的には、以下のような機能が設定されています。

【WEBアプリに関する設定】

  • WAF

シン・レンタルサーバーでは、全プランに標準でWAFが搭載されています。

WAFとは、WEBアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃をブロックしてくれるソフトウェアです。
例えば、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃もブロックしてくれます。

非常に強力な脆弱性対策になり、WordPressも安全に運用することができます。

WordPressに関するセキュリティ機能も搭載しており、サーバーの管理画面上から以下のような設定を行うことができます。

【WordPressに関する設定】

  • ログイン試行回数制限
  • 国外IPアドレスからのアクセス制限(ダッシュボード、XML-RPC、REST API)
  • 大量コメント・トラックバック制限
  • 国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

これらの機能は、通常はWordPressのプラグインを利用することになります。
それをサーバー側で対応することができ、プラグインの数を減らすことができます。

【メールに関する設定】

  • アンチウィルス(ウィルスメールのブロック)
  • スパムフィルター(特定条件の受信メールを排除)
  • POP over SSL
  • SMTP over SSL
  • IMAP over SSL
  • DKIM対応
  • DMARC対応

【FTPに関する設定】

  • FTP制限設定
  • FTP over SSL

FTP接続できるIPアドレスを指定することで、FTPサーバーへ接続できる環境を制限することができます。
特定のIPアドレス以外からのアクセスが不可になるので、FTPサーバへ不正アクセスやサーバー上にアップしているファイルの改ざんを防ぐことができます。

【アクセスログの取得】

外部から攻撃や不正アクセスが発生した場合には、アクセスログはとても重要な存在になります。

アクセスログをチェックして、そこから不正なIPアドレスを割り出すこともできます。
そのIPアドレスをブロックしてしまえば、そこからの不正アクセスを防ぐこともできます。

【外部業者によるセキュリティ診断】

  • セコムセキュリティ診断

シン・レンタルサーバーでは、セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断を定期的に実施しています。

セコムトラストシステムズとは、ホームセキュリティで有名なセコムのグループ会社です。
世間的にはあまり知られていませんが、WEBアプリケーションやネットワークなどのセキュリティ診断の分野ではかなり有名です。

シン・レンタルサーバーは外部業者による客観的なセキュリティ診断を実施することで、ネットワーク上の脆弱性をより厳格に診断して見つける仕組みを取り入れています。

 

バックアップ機能

シン・レンタルサーバーには、自動バックアップ機能が標準で搭載されています。
バックアップデータは、データ復旧用にも利用することができ、万が一のトラブルにも備えておくことができます。

・全プランに自動バックアップ機能が無料で付いている
・サーバー上のデータ(WEBデータ、メールデータ、MySQLデータベース)を毎日自動でバックアップ
バックアップ専用サーバーに自動でコピーされる
・バックアップデータは14日分保存
・バックアップデータはデータ復旧用としても利用可能(無料)
・バックアップデータはコントロールパネル上から取得できる

 

WEBサイトを運用していると、トラブルはつきものです。
例えば、WordPressを利用されている方だと、本体やプラグインのバージョンアップでWEBサイトが表示されなくなったという方も多いです。

そのような場合に備えて、自動バックアップ機能が無料で付いているのはとてもありがたいですね!

また、手動でバックアップを取ることもできます。
例えば、WordPressのバージョンアップを行う前のバックアップ処理で利用するのにもおすすめですね。

 

シン・レンタルサーバーが高速な理由

シン・レンタルサーバーが人気の利用の一つに、WEBサイトの表示速度が速いところにあります。
その理由としては、以下のような仕様が考えられます。

  • KUSANAGIの搭載
  • WEBサーバーとしてNginxを採用
  • HTTP/2をサポート
  • ストレージに高速のNVMe SSDを採用
  • メモリ8GB~、vCPU6コア~と高スペック
  • 高速なプログラム(PHP)の実行環境FastCGIが有効
  • OPcache(PHP高速化モジュール)
  • 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
  • 最新CPU(第4世代「AMD EPYCTM」)を搭載
  • サーバースペックが非常に高い(メモリ 1.5T/vCPU 256コア)

 

シン・レンタルサーバーでは、WordPressの超高速実行環境のKUSANAGIを搭載しています。

また、WEBサーバーに高速なNginxを採用しているのもポイントです。
Nginxは同時アクセスにも強く、アクセス集中時でも安定した表示速度を維持することができます。

さらに、ストレージに「NVMe SSD」を採用している点もポイントです。
NVMeはSSD向けに最適化された通信規格で、通常のSSDよりも高速な処理を期待することができます。

因みに、HTTP/2を利用する場合には、HTTPS通信が必須になっています。
つまり、SSLを利用することでWEBサイトの高速化になるので、SSLは必ずインストールしておきましょう。

 

また、独自の高速化設定機能も用意されています。

  • Xアクセラレータ
  • ブラウザキャッシュ設定
  • XPageSpeed

Xアクセラレータは、オリジナルの高速化技術です。
静的ファイルの高速化に加えて、PHPの処理速度もかなり改善されるので、WordPressを使ったWEBサイトもサクサクになります。

XPageSpeedは、Google社の「PageSpeed Module」をもとにして開発されたWEBサイトの高速化機能です。
画像、CSS、JavaScriptなどのファイルの最適化を行い、WEBサイトの高速化を期待できます。

 

再販は原則禁止

シン・レンタルサーバーでは、再販(リソースの一部を第3者へ貸し出す行為)は原則禁止となっています。
再販目的の方は、その点だけ注意してください。

ただし、あくまで不特定多数の相手へ貸し出す行為が禁止されていると考えてください。
例えば、WEB制作会社が、サーバースペースの一部へ顧客のWEBサイトを乗せる行為に関してはOKです。

実際にサーバーリソースを第3者へ貸し出す場合には、シン・レンタルサーバーへ直接連絡して問題がないかを必ず確認するようにしましょう。

 

メール機能・仕様

シン・レンタルサーバーはメール機能も充実しており、ビジネス利用にもおすすめです。

メールの機能・仕様については、以下の表でチェックしてください。

ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
メールサーバーPostfix
メールアカウント数無制限無制限無制限無制限
メールボックス容量設定メールアドレス毎に、メールボックスの容量設定が1~20,000MB(20GB)の範囲で可能。
メールサイズの送信制限
(目安)
1メールあたり100MBまで。容量を超えたメールの送信は不可。
※受信に関しては制限なし
メールの送受信制限
(目安)
■1,500通/時間
■15,000通/日
対応プロトコルSMTP、POP3、IMAP
暗号化SMTP over SSL、POP over SSL、SMTP over SSL
SMTP-AUTH〇 ※メールの送信時の認証方式
アンチウィルス
スパムフィルタ
WEBメールブラウザで利用できるオリジナルのWEBメーラーを利用可。パソコン、スマートフォン、タブレットに対応。
メール転送受信メールを、他メールアドレスへ転送できる機能。
メール自動返信受信メールに対して、定型文を自動で返信できる機能。
メーリングリスト
メールマガジン
DKIM
DMARC
\シン・レンタルサーバーの申込みはコチラ/
10日間無料お試し期間・ドメイン永久無料特典あり!

 

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの主な違い

シン・レンタルサーバーは、シンクラウド株式会社が運営するレンタルサーバーです。
このシンクラウド株式会社はエックスサーバー株式会社が設立した会社で、エックスサーバーの技術を用いて構築されています。

そこで、両サーバーの違いをまとめておくので、どちらかで迷われている方はチェックしてみてください。

シン・レンタルサーバーエックスサーバー
プラン数4プラン3プラン
月額利用料金
(12ヶ月契約)
880~7,120円1,100~4,400円
独自ドメイン永久無料特典1ドメイン2ドメイン
アダルト利用×
ストレージ容量300GB~600GB300GB~500GB
メモリ8GB~20GB8GB~16GB
vCPU6~12コア6~10コア
安さと革新性に重点を置いているサーバーの安定性に重点を置いている
運営会社シンクラウド株式会社エックスサーバー株式会社

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの一番の違いは、アダルト利用が許可されているかどうかです。

また、シン・レンタルサーバーの方がプラン数が多い分、スペック(メモリ・vCPU)の高いプランも利用することができます。
利用料金もシン・レンタルサーバーの880円~利用することができるので、コストを抑えて利用を開始することができます。

 

シン・レンタルサーバーと他サーバーとの比較

シン・レンタルサーバーと、他の人気レンタルサーバーを比較してみましょう。

シン・レンタルサーバーエックスサーバーConoHa WINGカラフルボックスABLENET
プラン名ベーシックスタンダードベーシックBOX2ライト
月額利用料金
(12ヶ月契約)
880円1,100円941円1,166円830円
初期費用無料無料無料無料無料
無料お試し期間10日10日無料30日30日返金保証
無料ドメイン1個2個2個1個1個
WEBサーバーnginxnginxnginx + ApacheLiteSpeedLiteSpeed
ストレージNVMe SSDNVMe SSDSSDSSDSSD
ストレージ容量300GB300GB300GB300GB300GB
転送量無制限無制限無制限無制限無制限
vCPU/メモリ6コア/8GB6コア/8GB6コア/8GB6コア/8GB6コア/8GB
WordPress
インストール機能
自動バックアップ機能
再販××
アダルト利用×××
サポート電話、メール電話、メール電話、メール、チャット電話、メール、チャット電話
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細

基本的には、各レンタルサーバーの一番下のプランを比較しています。
※カラフルボックスのみ、下から2つ目のプランをチェックしています。

料金の安さで選ぶと、シン・レンタルサーバーかABLENETですね。
特に、ABLENETは12ヶ月契約で月額830円となり、年額で10,000円を切るのは大きいです。

スペックに関しては、各社大きな差は見られないです。
ですが、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーは、ストレージに通常のSSDよりも高速な「NVMe SSD」を採用しているのが特徴です。

あとは、どのように利用したいかにもよって、どのレンタルサーバーを選ぶかは変わってきます。
例えば、アダルト利用したい場合にはシン・レンタルサーバーかカラフルボックスですし、再販利用したならシン・レンタルサーバーやエックスサーバーは不可ですね。

シン・レンタルサーバー以外も気になるという方は、こちらからチェックしてみてください。

\シン・レンタルサーバーの申込みはコチラ/
10日間無料お試し期間・ドメイン永久無料特典あり!

 

メリット・デメリット

シン・レンタルサーバーのメリット・デメリットもチェックしてみましょう。

メリット

まず、シン・レンタルサーバーのメリットと言えるのが、以下の6つです。

メリット
  • 処理速度が速い
  • セキュリティ対応が充実している
  • 自動バックアップ処理が付いている
  • メール機能が充実している
  • アダルト利用が可能
  • 独自ドメイン永久無料特典が付いている

処理速度が速い

シン・レンタルサーバーは、高スペックで、かつKUSANAGI搭載、ストレージに「NVMe SSD」を採用しています。
また、高速なHTTP/2をサポートするなど様々な高速化のための仕組みを取り入れています。

その為、高速な処理を期待することができ、それもシン・レンタルサーバーが人気の理由の一つです。

シン・レンタルサーバーが高速な理由をチェックする

セキュリティ対応が充実している

シン・レンタルサーバーは、セキュリティも充実しています。

例えば、WAFの導入やWordPressにセキュリティ設定もコントロールパネ上から行うことができます。
その為、WEBサイトの運営も安全に行えるのも大きなメリットです。

シン・レンタルサーバーの信頼性・セキュリティについてチェックする

自動バックアップ処理が付いている

シン・レンタルサーバーでは、自動バックアップ機能も標準で搭載しています。
最大14日間のバックアップデータが保存されており、データ復旧も無料で行うことができます。

シン・レンタルサーバーの自動バックアップ機能をチェックする

メール機能が充実している

シン・レンタルサーバーは、メール機能も充実しています。

特に、ビジネス利用だとメールアドレスを発行される方も多いです。
その場合でも、安心してメールを利用することができます。

シン・レンタルサーバーのメール機能をチェックする

アダルト利用が可能

シン・レンタルサーバーは、アダルトコンテンツの公開も許可されています。

一般サイトの運営をメインで行っている方には、特に気にすることではないです。
ですが、アダルトサイト運営者にとっては大きなメリットになります。

独自ドメイン永久無料特典が付いている

シン・レンタルサーバーには、独自ドメイン(1個)を永久無料で利用できる特典が付いています。
シン・レンタルサーバーを契約している間はずっと無料で使用することができるので、コストを抑えてWEBサイトの運営を行えるのメリットです。

デメリット

シン・レンタルサーバーのデメリットは、以下になります。

デメリット
  • 1ヶ月単位での契約ができない
  • プラン変更が即日反映されない

1ヶ月単位での契約ができない

シン・レンタルサーバーでは、最低利用期間が3ヶ月となっています。
1ヶ月単位での契約を行えないので、短期間のみサーバーを利用したいという方にはおすすめできないです。

プラン変更が即日反映されない

シン・レンタルサーバーでは上位プランへも下位プランへも変更が可能です。

ですが、上位プランへの変更が適用されるのは、申込みを行った翌月からになるので、その点もデメリットになります。

上位プランへの変更
プラン変更希望月の前月1日~20日までに「プラン変更」から申請

翌月1日から上位プランへ変更

また、下位プランへの変更はサーバーの利用期限月のみ可能となっています。

下位プランへの変更
利用期限月の1日~20日までに「プラン変更」から申請

翌月1日から下位プランへ変更

 

シン・レンタルサーバーの口コミ・評判

シン・レンタルサーバーの口コミも5件チェックしてみましょう。

こちらは、トラブルらしいトラブルが一度もないという口コミです。

シン・レンタルサーバーを利用することで、安定したWEBサイトの運営を期待できそうですね。

日本製で安心できるという口コミもありました。

確かに、シン・レンタルサーバーはアダルトOKのレンタルサーバーの中でもスペックが高く、コスパも良いサービスです。

サポートに関する口コミ見つかりました。

サポートの対応が早いと安心して利用できますね。

速度に関する口コミも見つかりました。

こちらは、"速い"という口コミです。

逆に、"遅い"という口コミも見つかりました。

私個人としては、シン・レンタルサーバーを利用していてWEBサイトが遅いと感じたことはないです。
ですが、人によって感じ方も異なりますし、運営しているWEBサイトによっても速度は変わってきます。

シン・レンタルサーバーには、10日間の無料お試し期間も付いています。
まずは無料お試し期間を利用してサーバーを使ってみて、実際に速度を確かめてみるのがおすすめです。

 

シン・レンタルサーバーのよくある質問

シン・レンタルサーバーについて、よくある質問をまとめました。

シン・レンタルサーバーでWordPressは利用できますか?

簡単インストール機能が用意されており、誰でもWordPressを利用できます。

シン・レンタルサーバーのストレージ容量について教えて下さい

300~600GBです。

シン・レンタルサーバーのデータ転送量について教えて下さい。

転送量課金は発生しません。ただし、転送量の目安は設定されており、その目安値を大幅に超えることがあれば、速度制限などを受ける可能性はあります。
転送量目安はこちらです。
ベーシック:1日900GB / スタンダード:1日1,200GB / プレミアム:1日1,500GB / ビジネス:1日1,500GB

シン・レンタルサーバーに最低利用期間はありますか?

3ヶ月からの契約が可能となっています。

シン・レンタルサーバーで無料SSLを利用ですか?

利用できます。

独自ドメインでメールアドレスを利用できますか?

利用できます。

シン・レンタルサーバーのネームサーバーを教えて下さい。

ネームサーバー1:ns1.wpx.ne.jp / ネームサーバー2:ns2.wpx.ne.jp / ネームサーバー3:ns3.wpx.ne.jp

 

まとめと結論

シン・レンタルサーバーは、KUSANAGI搭載で高速な処理を期待できるサーバーサービスです。

エックスサーバーが安定性重視なのに対して、シン・レンタルサーバーは最新技術を迅速に取り入れ、安さと革新性を重視するレンタルサーバーです。
バックアップ機能やセキュリティ機能、メール機能も充実しており、アフィリエイトでの利用はもちろん、ビジネスでの利用にもおすすめです。

さらに、アダルトコンテンツの公開も可能で、アダルトサイトの運営にも最適です。
アダルト対応している高スペック・高機能のレンタルサーバーをお探しの方にもおすすめとなっています。

当記事では、シン・レンタルサーバーについて詳しくまとめています。
また、公式サイトへもアクセスして、シン・レンタルサーバーをチェックしてみましょう。

\シン・レンタルサーバーの申込みはコチラ/
10日間無料お試し期間・ドメイン永久無料特典あり!

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    当サイトは丹波のホームページ屋さんの代表「ダッチ」が運営しています。

    プログラミング・WEB制作歴15年以上になります。

    ブログ・WordPress・レンタルサーバーに関して分からないことがあればご質問ください!
    ご質問・ご相談は無料で受け付けています。

    https://dacchi.hp.peraichi.com/

    WEB制作に関するお仕事の依頼は、こちらのホームページからお願いします。

    丹波のホームページ屋さん

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事