※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
H1タグの役割とSEO対策について【初心者向け】

H1(<h1>)タグについて

ページの見出しタイトルを設定するタグを見出しタグ(Hタグ)と呼び、H1~H6の6つのHタグが用意されています。

その中でも、最も上位に設定されるのがH1タグで、大見出し(ページ全体の見出し)を設定する為に用いられます。
※ページ自体のタイトルを設定するのはタイトルタグ(titleタグ)なので、混同しないように注意して下さい。

つまり、見出しタグの中で最も重要なのがH1タグということになり、Hの後ろの数字が大きくなるほど、重要度は下がってきます。

SEO上意識しておくのはH3タグまでで、H4タグ以降は無視してOKです。
また、H4タグまで使用するとコンテンツの階層が深くなりすぎるので、できる限りH3タグまでで設定するのがおすすめです。

 

文法上の話をすると、H1から順番にページの上部に記載していく必要があります。
例えば、H2タグをH1タグよりも上位に記述することはNGです。

その為、H1タグは、必ずH2~H6タグよりも上に記載しておく必要があります。

また、H1タグは、ページ全体の見出しの為、以前は、1つのページの中で1回しか用いることが出来ませんでした。
ですが、現在は、1つのページの中でH1タグを何度用いてもOKです。

ですが、複数回記載した際にページの「大見出しはどれ?」と混乱しそうです。
H1を同一ページ内で複数回用いるのは、極力避けた方が良さそうです。

 

Hタグの順番がバラバラでもペナルティはない

因みに、Hタグの順番がバラバラになっても、Googleからペナルティを受けることはありません。
もちろん、文法上はNGです。

ですが、見出しの順番がバラバラだと、コンテンツの階層が分かりにくくなりユーザーが混乱することもあります。
ユーザービリティを考えても、Hタグの順番は守るようにしましょう。

 

H1タグのSEO上の役割

H1タグは、ページ全体の見出しとなるために、SEO上、とても重要なタグになります。

以前に比べると、SEO上の重要度はかなり下がってきたという話も聞きます。
ですが、不要ではないので(むしろ設定しておくべきタグ)、きっちりと設定しておきましょう。

 

設定する内容は後で紹介しますが、キーワードを適切に設定するようにしましょう。

因みに、H1タグが検索順位に直接与える影響は、それほど大きくはないです。

ですが、H1タグにも適切にキーワードをちりばめておくことで、ページのメインキーワード以外からの流入も見込めます。
また、ページ自体が見やすくなり、コンテンツの質も上がるので、結果的に良い影響を与えると考えられます。

 

H1タグの設定内容

H1タグはページの見出しタグなので、タイトルタグとは異なり、画面上に表示されます。

つまり、ユーザーの目に触れるものになるので、検索エンジンユーザーの両方の目を意識して設定して下さい。

それで、H1タグを設定する際には、以下の点を意識しておけば、OKです。

■(出来る限り)1ページに設定するH1タグは1つのみとする
■ターゲットとしている(メインの)キーワードを盛り込む
■キーワードを盛り込みすぎないこと
 ※メインキーワードも含めて2つくらいにしておくのが理想
■文字数の制限は無いが、ユーザーに伝わりやすく、簡潔な内容にする
■H2~H6タグよりも上に設置する
■H1タグはテキストにするのがベスト(ロゴでもOK!ただし、altをしっかりと設定すること)

 

1ページに設定するH1タグは1つのみとする

H1タグは、同一ページ内に複数個使っても全く問題はありません。
もちろん、Googleからペナルティを受けることもないです。

ですが、各H1タグの内容が薄れてしまう可能性も指摘されています。
極力、H1タグは、1つのページ内には1つのみにしておいた方が無難です。

 

ターゲットとしている(メインの)キーワードを盛り込む

H1タグにも、キーワードを盛り込みましょう。
ただし、キーワードの数は、1個か2個以内にしてください。

出来れば、ページ全体のメインとするキーワードを盛り込むのがおすすめです。

 

文字数の制限は無いが、ユーザーに伝わりやすく、簡潔な内容にする

H1タグに文字数制限はありません。

ですが、長くなりすぎると、内容もごちゃごちゃになりやすく、ユーザーにも伝わりにくいです。

長くなりすぎず、簡潔な文章を設定するようにしましょう。

 

H2~H6タグよりも上に設置する

最初に説明しましたが、Hタグは、ページの上から数字の順番に設定するようにしましょう。

順番がバラバラでも、Googleからペナルティを受けることはありません。
ですが、コンテンツの階層が分かりにくくなり、ユーザーが混乱する可能性もあります。

H1タグは、必ず一番上に設定するようにしましょう。

 

H1タグはテキストにするのがベスト

H1タグは、テキストにするのがベストです。

ですが、ヘッダー部分のロゴにH1を指定しているWEBサイトも多いです。
ロゴや画像にしても問題はないですが、その場合には、必ずaltを設定してテキスト情報も設定するようにしましょう。

 

H1タグとタイトルタグの重複について

H1タグとタイトルタグが重複しているページは多いです。

タイトルタグは、ページ全体の"タイトル"で、H1タグはページ全体の"見出し"です。
タイトルタグはユーザーの目には直接見えず、H1タグの内容は画面上でユーザーに表示されます。

なので、この2つのタグの内容が重複しているのは不自然ではないですよね。

ただ、正確には、タイトルタグには「タイトルタグの効果的な書き方|○○株式会社」というように、後半部分に会社名やサイト名を記述します。
H1タグの場合には、後半部分の会社名やサイト名を入れないようにしましょう。

 

最後に

H1タグは、ページ全体の見出しタイトルになります。

本来、1つのWEBサイト内に同じページが存在することは無いので、ページ毎に独自の内容を設定するようにしてください。

H1タグはSEO上も必要なタグですが、タイトルタグと異なり、サイト訪問者にもブラウザの画面上から見えるタグです。
Googleのロボットだけではなく、訪問ユーザーも意識してください。

ページの内容がしっかりと伝わるようにして、かつ、キーワードを盛り込みすぎず、そして、簡潔に設定するようにしましょう。

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事