おすすめ記事
「WP-Search」でWordPressサイト情報を丸裸に?テーマ毎の事例集としても便利!

「WP-Search」でWordPressのサイトを丸裸に?テーマ毎の事例集としても便利!

今回は、「WP-Search」というWEBツールの紹介です。

「WP-search」について

「WP-Search」とは、WordPressを使用しているサイトが、どんなテーマやプラグインを利用しているかを調べることのできるサイトです。
しかも、めっちゃ簡単に調べられるので、興味のある方は一度お試しください。

因みに、「WP-Search」で調べることのできる情報は以下になっています。

■タイトル
■サーバー
■テーマ ※子テーマを使用していないサイトでは表示されません
■子テーマ
■プラグイン
■表示速度

サイトが使用しているサーバーまでチェックできるんです。
もし、このサイト表示速度が速いな!なんて思うサイトやブログがあれば、調べてみるのもいいですね。

一応、表示速度も検索順位に影響するので、同じレンタルサーバーに切り替えてみるのもありです。

 

「WP-Search」の使い方

「WP-search」でテーマやプラグインをチェックする方法は簡単です。

まず、「WP-search」のサイトにアクセスしてください。

https://wps.manuon.com/

このような画面が開くので、真ん中のテキストボックスに、チェックしたいサイトのURLを入力して検索してください。
WP-Search

このように、サイトで使用しているWordPressテーマやテーマ、サーバなどの情報が表示されているはずです。
WP-Search
めっちゃ簡単に調べることができましたね!

 

ただ、使用しているプラグインが2つしか出てないですね。
実際にはもっと多くのプラグインを使用しているので、全てのプラグインを洗い出せる訳ではないようです。

恐らくですが、サイトのソースコードに記載されているリンクや記述などをチェックして、使用しているプラグインを洗い出しているのではないかと思います。
ソース内にプラグインに関するリンクがない場合には、そのプラグインまでは洗い出せていないようです。

 

「WP-Search」ではサイトがキャッシュされてしまう

「WP-search」でサイトを検索すると、検索したサイトがキャッシュされてしまいます。
その為、「WP-Search」のサイト上に情報が残ることになります。

例えば、私のこちらのサイトも検索してみたので、このようにサイト上にキャッシュが残っています。
WP-Search

「WP-Search」にサイトの情報が残るのが嫌な方は、自分のサイトを検索するのは止めておきましょう。

 

あと、じゃあ被リンク効果を得られるのでは?と考えた方もいるかもしれません。

ですが、リンクには「nofollow」が設定されているので、被リンク効果も得られません。
もし、被リンク効果を期待して「WP-Search」にキャッシュを残そうとされている方がいたら、あまり意味がないので気を付けてください。

 

テーマの事例集としても利用できる

上記で、検索したサイトがキャッシュされると説明しました。
キャッシュされたサイトは事例集のような形で残ります。

サイトの右上に表示されているメニューから事例集に移動できます。
WP-Search

例えば、SWELLの事例集を調べると、このようにSWELLを使ったサイトが一覧で表示されます。
WP-Search

その為、テーマ毎にどのようなサイトの構築が可能かをチェックするのにも便利です。

SWELL買いたいけどどんなサイトが組めるの?Diver買いたいけどどんなサイトが組めるの?
みたいな時に、簡単に制作事例を調べられるので非常に便利です。

 

「WP-Search」のまとめ

今回は、「WP-Search」というWEBツールについてまとめてみました。

「WP-Search」では、WordPressのサイトで使用しているテーマやプラグイン、サーバ情報を調べることができます。
もし、ライバルのサイトや、気に入ったデザインのサイトがあれば、一度調べてみてください。

テキストボックスに該当サイトのURLを入力して検索するだけで調べることができます。
簡単ですね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事