WordPressは全世界のWEBサイトの38%以上で使用!

まず、こちらの画像を見て下さい。
W3Techs WordPress 38%
出典:https://w3techs.com/technologies/overview/content_management

こちらは、W3Techsが公開しているデータになりますが、
現時点で全世界のWEBサイトの38.4%がWordPressで構成されていることになります

で、驚くのが、未だにシェアを着実に伸ばし続けていることです。
WordPressのシェアの推移
出典:https://w3techs.com/technologies/details/cm-wordpress

私がWordPressを本格的に取り入れ始めたのは、WordPress2.6の時代でした。
それから衰えることなくシェアを伸ばし続けているということは、驚異的なことです。

 

ここで、WordPress以外のCMSに目をやってみると、長年2番手、3番手に甘んじていたのがJoomlaDrupalです。
これらのCMSも今では順調にシェアを落とし続けています。

【Joomlaのシェアトレンド】
Joomlaのシェアトレンド
出典:https://w3techs.com/technologies/details/cm-joomla

【Drupalのシェアトレンド】
Drupalのシェアトレンド
出典:https://w3techs.com/technologies/details/cm-drupal

一時期勢いのあったConcrete5も、今やほとんど聞くことが無くなりました。

他にも、私がWEB制作の世界に入った頃には、XOOPSOpenPNE(SNSサイトを構築できるCMS)、MT(Movable Type)といったCMSも人気でした。
が、これらのCMSは、若い世代の制作者の間では存在していることすら認識されていないのではないでしょうか?

今や、CMSの世界は、WordPress一強と言える時代になってしまいました。

 

WordPressはどうしてシェアを伸ばし続けているの?

ここからは私の考察になりますが、
WordPressがここまでシェアを伸ばせた理由は、
上手く時代に乗れたということが上げられるのではないでしょうか?

というのも、
私がWEB制作の世界に入った頃は、ちょっとしたホームページでも100万円以上しました

その上、
(制作会社にもよりますが)修正が発生する度に、そこそこいい値段の修正費用が発生していました

 

また、その当時、人気のあったCMSと言えば、MT(Movable Type)というツールで、
私も実際に仕事で使っていましたし、便利なのは確かでした。

ただ、MT(Movable Type)は有料ライセンスの購入が必要でした
それも、そこそこの値段がします。
※いくつかの制限はありますが、非営利での利用は無償利用可。

それだと、大手以外の企業はなかなか購入をしてくれないので、制作会社としては導入できません。
もちろん、個人で購入するにはハードルが高すぎます。

 

さらには、XOOPSというCMSもあったのですが、このツールは制作者にも運用者にも手間のかかるツールで、
そこまで食い込むことができませんでした。

 

で、そこに登場したのがWordPressというツールです。

制作者の意見としては、MTよりも簡単に導入ができ、MTよりもデザインのカスタマイズ性が高かったです
しかも、無料で使い放題、記事の投稿も慣れればさほど難しくもなく、簡単にコンテンツを増やせる
というのは、当時、とても大きかったと思います。

さらには、元々はブログツールとしての性質が強かったWordPressですが、
途中で上手くCMSツールの要素を取り入れていったように思います。

今では、ブログサイトだけではなく、
コーポレートサイト、アフィリエイトサイト、ECサイト、などなど様々なサイトを構築することができます。

WordPressを上手く利用することで、
サイト制作後は、制作会社に依頼しなくても、自分たちで簡単に情報を修正することも可能になりました。

 

因みに、WordPress以外にも素晴らしいCMSツールは存在します。

ただ、WordPressがここまで普及した現代では、いくら素晴らしい機能を兼ね備えたCMSを生み出しても、
所詮は2番手、3番手に過ぎません。

それに、今やあまりにも多くの人間がWordPressを使っていて、
今更新しいCMSが出てきても、逆に迷惑に感じるのではないでしょうか?

そう考えると、既にWordPressの牙城を崩すことはほぼ不可能ではないかと思います。

余程革新的なツールが出てくるなり、WordPress自身に大きなトラブルでも発生すれば、
話しは変わってきますが。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事