※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いは7つ!違いを詳しく解説!

エックスサーバービジネス(Xserverビジネス)エックスサーバーの違いについて詳しく説明します。
両サーバーの違いや、エックスサーバービジネスについて詳しく知りたい方は、ぜひチェックししてみてください。

当記事はこんな方におすすめ
・エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いを知りたい
・エックスサーバービジネスについて詳しく知りたい
・法人向けレンタルサーバーを探している

>> Xserverビジネス 公式サイトへ

因みに、アフィリエイト用や個人利用のレンタルサーバーをお探しの方は、こちらのページをチェックしてください。

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いは7つ!

両サーバーともエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーですが、別サービスという位置づけです。

エックスサーバーにも法人向けのビジネスプランが用意されていますが、エックスサーバービジネスはよりビジネスに特化したサービスとなっています。

 

両サービスにスペック面での大きな違いはないです。
ですが、エックスサーバービジネスには「設定代行サービス」や「ホームページ無料制作サービス」などが無料で付いていたりと、手厚いサービス内容となってます。

今回は、エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違い7つを解説します!
エックスサーバービジネスについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

>> Xserverビジネス 公式サイトへ

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いを説明

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの主な違いは、以下の7点です。

エックスサーバーエックスサーバービズネス
料金月額990~5,280円 ※初期費用なし月額3,762~15,048円 ※初期費用あり
無料設定代行サービス△ ビジネスプランのみ月3~5回まで無料
ホームページ無料制作サービス×無料
Web改ざん検知△ ビジネスプランのみ
SLA(品質保証制度)×
管理者ユーザー設定△ ビジネスプランのみ
高性能スパムフィルタ「Cloudmark」×

スペック面での大きな違いは見られませんでしたが、無料ホームページ制作など、エックスサーバービジネスにしかないサービスもあります。
また、ビジネス利用をしやすいように、セキュリティに関してもより強化されているようです。

 

料金

まず、初期費用に関しては、エックスサーバーが無料なのに対して、エックスサーバービジネスでは全プラン16,500円となっています。

また、月額料金に関しては、エックスサーバービジネスの方が3~4倍ほど高くなっています。

例えば、両者の一番下位プランであるスタンダードプランを表で比較してみましょう。
※料金は月額・税込みです。

エックスサーバーエックスサーバービジネス
容量300GB300GB
初期費用0円(無料)16,500円
3ヶ月1,320円5,016円
6ヶ月1,210円4,598円
12ヶ月1,100円4,180円
24ヶ月1,045円3,971円
36ヶ月990円3,762円

ストレージの容量は同じですが、料金にはかなり大きな開きがありますね。

一応、全プランの料金も表でまとめてみました。
気になる方はチェックしてみてください。

※料金は月額・税込みです。

エックスサーバースタンダードプレミアムビジネス
容量300GB400GB500GB
初期費用0円(無料)0円(無料)0円(無料)
3ヶ月1,320円2,640円5,280円
6ヶ月1,210円2,420円4,840円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
エックスサーバービジネススタンダードプレミアムエンタープライズ
容量300GB400GB500GB
初期費用16,500円16,500円16,500円
3ヶ月5,016円10,032円15,048円
6ヶ月4,598円9,196円13,794円
12ヶ月4,180円8,360円12,540円
24ヶ月3,971円7,942円11,913円
36ヶ月3,762円7,524円11,286円

 

無料設定代行サービス

エックスサーバーでは、設定代行サービスのオプションがあります。
例えば、CMSインストール、ドメイン設定、メールアドレス設定などを、有料ですが代行してくれるサービスです。

ただ、ビジネスプランのみ毎月3回までは無料で利用することができますが、他プランではすべて有料での代行になります。

 

エックスサーバービジネスには、これらの無料設定代行サービスが全プランに付いています。
一応、利用回数には上限があります。

■スタンダード:3回まで/毎月
■プレミアム:5回まで/毎月
■エンタープライズ:5回まで/毎月

サーバー移転」の設定代行に関しては、初回のみ無料となっています。
※2回目以降は16,500円(税込)/1件となっています。

 

ホームページ無料制作サービス

エックスサーバービジネスを利用する大きなメリットの一つが、無料のホームページ作成サービスが付いている点です。

スマートフォンとタブレットにも対応したレスポンシブサイトになっており、ホームページ制作費用を節約することができます。
このようなデザインのサイトも作れます。
ホームページ無料制作サービス

ホームページ制作は、WEB制作会社に外注すると、規模にもよりますが数十万円はします。
それが無料で作成して貰えるのはかなり大きいですね。

【特徴】
・会社HP向けの「問い合わせフォーム」や「会社概要」「ブログ機能」などのコンテンツもあり
・WordPressを導入するので、制作後の更新も可能 ※更新マニュアルあり
・レスポンシブデザインに対応
・独自SSLに標準対応 ※常時SSL化

 

料金は無料ですが、1サーバーアカウントにつき1サイトの制作になります。
制作期間の目安は、1~3営業日になっています。

 

Web改ざん検知

「Web改ざん検知」とは、URLを登録しておくことで、WEBサイトの改ざんやマルウェア・フィッシングURLが仕込まれていないかを診断してくれる機能です。

エックスサーバーだとビジネスプランのみに付いている機能です。
ですが、エックスサーバービジネスでは全プランに搭載している機能で、WEBサイトをより安全に運営することができます。

診断は、1日1回の自動診断となっています。
専用のアンチウィルスエンジンやGoogleのWebRiskAPIを利用しており、高い精度での検知が可能となっています。

 

SLA(品質保証制度)

エックスサーバービジネスでは、SLA(品質保証制度)を定めていて、月間稼働率が99.99%を下回った場合に利用料金を返金して貰えます。

返金金額は、稼働率によって異なるので、以下の表をチェックしてください。

稼働率返金率
月99.90%以上、99.99%未満(5~50分)月額利用料の10%
99.50%以上、99.90%未満(51~250分)月額利用料の15%
99.00%以上、99.50%未満(251~500分)月額利用料の30%
90.00%以上、99.00%未満(501~5,000分)月額利用料の50%
90.00%未満(5,001分~)月額利用料の100%

非稼働は、完全に利用不可の状態を指し、遅延や不安定な状態は含まれません。

 

管理者ユーザー設定

エックスサーバービジネスでは、全プランで管理者ユーザーを作成することができ、ドメイン毎に操作できる管理者を分けることができます。

■管理者 ・・・ サーバーパネルの全機能を操作可
■サイト管理者 ・・・ サイト運用に関する機能を操作可
■メール管理者 ・・・ メールに関する機能を操作可

「サイト管理者」と「メール管理者」は、ドメイン毎に設定することができます。

 

ビズネス利用だと、会社によっては部署ごとにサイト管理者が異なることもあります。
他にも様々な理由でドメイン毎にサーバーパネルへアクセスできる人物を分けたい場面も出てきます。

安全にサーバーを管理するためにも、各自に必要以上の権限を与えないのは重要ですね!

因みに、エックスサーバーもビジネスプランでのみ管理者ユーザーを設定することができます。

 

高性能スパムフィルタ「Cloudmark」

エックスサーバービジネスには、標準搭載されている通常のスパムフィルタ以外にも「Cloudmark」という高性能スパムフィルタが搭載されています。

ただし、プラン毎に設定できるメールアカウント数に上限があります。

■スタンダード ・・・ 30個
■プレミアム ・・・ 50個
■エンタープライズ ・・・ 70個

設定アカウント数は有料で追加することもできます。
月額1,100円(税込み)/100個

 

エックスサーバービジネスについて

エックスサーバービジネスの仕様やセキュリティについてもまとめておきます。

仕様について

まずは、エックスサーバービジネスの仕様について表にしてまとめておきます。

スタンダードプレミアムエンタープライズ
ディスク容量(SSD)300GB400GB500GB
vCPU / メモリ- / -- / -- / -
転送量無制限無制限無制限
データベース
(MariaDB)
無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
WEBサーバーnginxnginxnginx
サポート電話 / メール / チャット
PHPPHP5.1.6、PHP5.3.3、PHP5.4.x、PHP5.5.x、PHP5.6.x、PHP7.0.x、PHP7.1.x、PHP7.2.x、PHP7.3.x、PHP7.4.x、PHP8.0.x、PHP8.1.x、PHP8.2.x
簡単インストールWordPress、EC-CUBE4 (ショッピングカート)、PukiWiki
FTP
FTPアカウントの追加無制限無制限無制限
ファイルマネージャ
メールアカウント無制限無制限無制限
メーリングリスト
メールマガジン
WEBメール

 

セキュリティについて

エックスサーバービジネスのセキュリティについてもまとめておきます

【基本的なセキュリティ】

■WAF
■Web改ざん検知
■セコムセキュリティ診断

WAFは、WEBアプリケーションの脆弱性を利用した悪意のある攻撃をブロックしてくれるソフトです。
SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどの対策にもなり、非常に強力なセキュリティ対策となります。

また、セコムによるセキュリティ診断も実査されているようです。
第三者による客観的な診断になるので、とても信頼性の高い対策になります。

 

【WordPressに関するセキュリティ】

■ログイン試行回数制限
■国外IPアドレスからのアクセス制限(ダッシュボード、XML-RPC、REST API)
■大量コメント・トラックバック制限
■国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

WordPressに関しても、様々な設定を行えるようになっています。
今のご時世、WordPressを使ったWEB制作がデフォルトになりつつあるので、こういった設定を行えるのはありがたいですね。

 

【メールに関するセキュリティ】

■アンチウィルス(ウィルスメールの除去)
■スパムフィルタ
■高性能スパムフィルタ(Cloudmark)

 

独自ドメイン永久無料特典

エックスサーバービジネスでは、独自ドメインを2個まで無料で利用できる「独自ドメイン永久無料特典」もあります。
ビジネス向けの「.jp」や「.co.jp」などのドメインも無料利用できます。

独自ドメイン永久無料特典が気になる方は、こちらのページもチェックしてみましょう。

 

エックスサーバービジネスをおすすめする人

・ビジネス利用に向いているレンタルサーバーをお探しの方
・会社ホームページを作りたいけど、制作にお金を掛けたくない方

エックスサーバーはセキュリティ対応もしっかりとしており、SLA(品質保証制度)も付いています。
スペックも高くてビジネス利用に最適のレンタルサーバーと言えます。

また、無料のホームページ制作サービスも付いています。
ホームページってWEB制作会社に依頼するとそこそこいい値段がするので、無料で作れるのはとてもありがたいですね。

その為、まだ会社ホームページを持っていない方や、現ホームページのリニューアルを検討されている方にもエックスサーバービジネスはおすすめです。

 

まとめ

今回は、エックスサーバーとの違いを中心にエックスサーバービジネスについてまとめてみました。
また、エックスサーバービジネスについてもまとめました。

エックスサーバービジネスは、サービス名の通りビジネス利用を目的としたエックスサーバーの法人向けレンタルサーバーです。

スペック面だけでみると、エックスサーバーと大きな違いはないです。
ですが、ビジネス利用のための機能が充実しており、会社ホームページや店舗サイト、サービス・商品の販売サイトなど、様々な場面で利用しやすくなっています。

エックスサーバービジネスを検討されている方は、ぜひ公式サイトもチェックしてみましょう。

因みに、今回まとめたのは、エックスサーバービジネスの中でも共用サーバーのサービスになります。

エックスサーバービジネスでは「マネージド仮想専用サーバー」や「マネージド専用サーバー」も用意さ入れています。
大規模サイトの運営を検討されている方や、より高スペックなサーバーが必要な方は、専用サーバーも検討してみてください。

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事