※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
ミックスホストでWordPressをインストールする方法を詳しく解説!

ミックスホスト(mixhost)では、サーバーの管理画面にcPanelを採用しており、cPanel上からWordPress(ワードプレス)を簡単にインストールできるようになっています。利用者自身でファイルをサーバー上にアップロードしたり、データベースの設定、wp-congig.phpの書き換え作業を行う必要がなく、初心者でもWordPressを利用できるようになっています。

ダッチ

ミックスホストでWordPressをインストールする方法を画像付きで詳しく解説!

今回は、ミックスホストでWordPressをインストールする方法を紹介します。
ミックスホストは、人気レンタルサーバーの一つで利用者も多く、初めて利用される方も多いと思います。

ミックスホストでWordPressをインストールする方法をお探しの方は、ぜひチェックしてください。

ミックスホストについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてチェックしてみましょう。

 

ミックスホストをインストールする方法

ミックスホストでは、cPanelをサーバーのコントロールパネルとして採用しており、cPanel上からWordPressをインストールすることができます。

まずは、cPnanelへログインしましょう。
コントロールパネル(cPnanel)のURLやログインアカウントは、申込みにミックスホストから送信されてくるメールに記載されています。
ミックスホストのcPanelログイン情報

cPnanelへのログイン方法は、こちらの記事をチェックしてみましょう。

コントロールパネルの部分に記載されているURLをクリックしてください。

cPanelのログイン画面はこちら。
ミックスホストのcPanelへのログイン画面

ログインすると、cPanelのトップ画面へ移動します。
この画面を下へスクロールしてください。
cPanelのトップ画面

「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」の中に「WordPress」というメニューがあるので、そちらを選択します。
cPanelのトップ画面

このような画面が開くので、下へスクロールしてください。
WordPressのインストール

「今すぐインストール」というボタンがあるので、そちらをクリックします。
WordPressのインストール

ここで、WordPressのインストール画面が開きます。

まずは、「ソフトウェアセットアップ」を設定します。
WordPressのインストール画面
WordPressをインストールする「ドメイン」と「ディレクトリ」を設定します。

ディレクトリに関しては、一般的にはトップページにWordPressをインストールするので、その場合は未入力でOKです。

例えば、「https://example.com/blog/」といった感じで、「blog」ディレクトリでWEBサイトを公開する場合には、ディレクトリに「blog」と入力してください。
ただ、多くの方がトップディレクトリ「https://example.com/」にWordPressをインストールされるので、通常は未入力になると思います。

バージョンに関しては、一番新しいものを選びましょう。

次は、「サイト設定」と「管理者アカウント」を設定します。
WordPressのインストール画面

以下のように入力してください。

■サイト名:公開するWEBサイトの名称
■サイト説明:WEBサイトの説明文。メタディスクリプションに使用されることもあります。

■Admin Username:WordPressのログインユーザー名
■Admin Password:WordPressのログインパスワード
■管理者Eメール:WordPressの管理用メールアドレス

「言語の選択」と「Select Plugin(s)」を設定します。
WordPressのインストール画面

「Select Plugin(s)」は、利用するプラグインになります。

使用するプラグインは人によって異なるので、必要なプラグインがあればチェックを入れましょう。
ただ、プラグインは後からいくらでもインストールできるので、未選択でもOKです。

プラグインを選択する際には、こちらの記事も合わせてチェックしてみましょう。

「アドバンスドオプション」も設定してきましょう。
WordPressのインストール画面

■「アップデート通知を無効にする」にはチェック不要です。
■「Auto Upgrade WordPress Plugins」にチェックを入れると、インストール済みプラグインで最新版が公開されると自動でバージョンアップされます。
■「Auto Upgrade WordPress Themes」にチェックを入れると、インストール済みテーマで最新版が公開されると自動でバージョンアップされます。

■「テーブル・プレフィックス」は、デフォルトが「wp_」となっている場合には、変更しましょう。

■「自動アップグレード」は、デフォルトの「Do not Auto Upgrade」のままにしておきましょう。
 自動更新を有効にしてしまうと、WordPress本体が自動で最新にバージョンアップされます。そうすると、問題が発生した場合に復旧が大変になることもあります。
■「自動バックアップ」は、設定しておきましょう。

最後に、WordPressのテーマを選択します。
WordPressのインストール画面
テーマに関しては、未選択のままでも問題はありません。
選択しない場合には、WordPress公式のテーマが自動でインストールされるので、問題はないです。

WordPressテーマを選択したら、「インストール」をクリックします。

これで、WordPressのインストールが開始されます。

WordPressのインストールには、2、3分かかることもあります。
WordPressをインストール中

WordPressのインストールが完了すると、インストール完了画面が開きます。
WordPressのインストール完了
インストール完了画面には、WEBサイトの公開URLとWordPress管理画面のURLが掲載されています。
WordPress管理画面へは、「Admin Username」「Admin Password」に設定したユーザー名とパスワードでログインしてください。

 

最後に

今回は、ミックスホスト(mixhost)でWordPressをインストールする方法を詳しくまとめました。

ミックスホストでは、サーバーのコントロールパネルとしてcPanelを採用しています。
cPanel上でWordPressを簡単にインストールすることができ、初心者でも利用できるようになっています。

ミックスホストでWordPressをインストールする方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

 

\↓ミックスホストの申し込みはコチラから/
12ヶ月契約で月額990円~・300GB~!初期費用無料の高速レンタルサーバー!

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事