※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
Windowsサーバーもあり!ABLENETのVPSを徹底的に調べてみた!

ABLENET(エイブルネット)が提供するVPSについて詳しく調べてみました。

ABLENETは、1998年2月に設立(創業25年)されたケイアンドケイコーポレーションが運営する老舗レンタルサーバーサービスです。
共用サーバーだけでなく、VPSWindowsサーバーの提供を行っており、確かな実績と技術力を誇るレンタルサーバーです。

今回は、実際にVPSを使ってみたので、その感想・レビューもまとめています。
ABLENETのVPSを検討されている方は、ぜひチェックしてみましょう。

 

こちらの記事は、このような方に向けて書いています。
・ABLENETのVPSを検討している
・VPSを探している
・Windowsサーバーを探している
・マインクラフトで遊びたい
・MT4、MT5を利用したFX自動売買ツールを使用したい

 

ABLENETのVPSでは、一般的なLinuxOSをインストールするVPSプランの他に、WindowsサーバーであるWinプランを利用することができます。
各自の状況に応じて、必要なプランを選択するようにしましょう。

また、今や世界中で人気のゲームMinecraft(マインクラフト)のマルチプレイサーバーFX自動売買(MT4、MT5)の環境も構築が可能です。
OSを選ぶだけで簡単にインストールを行えるのもポイントです。

 

\↓ABLENET VPSの申し込みはコチラから↓/
今なら、メモリ増量キャンペーン中!

 

ABLENETのVPSについて

ABLENETのVPSは、メモリ0.5GBのV0プラン~メモリ16GBのV5プランまで用意されています。
幅広い選択肢が用意されており、ストレージもSSDとHDDから選ぶことができます。

ただ、V0プランはスペックが低すぎるので、V1プラン以上を利用するようにしましょう。

VPSのスペック・料金

ABLENETのVPS利用料金は、こちらになります。

※料金は税込み表示です。

V0V1V2V3V4V5
ストレージ■SSD:30GB
■HDD:50GB
■SSD:40GB
■HDD:100GB
■SSD:60GB
■HDD:200GB
■SSD:100GB
■HDD:400GB
■SSD:200GB
■HDD:800GB
■SSD:200GB
■HDD:-
CPU1コア2コア3コア4コア5コア8コア
メモリ0.5GB1.5GB2.5GB4GB8GB16GB
転送量無制限
初期費用1,130円0円0円0円0円0円
1ヶ月■新規:783円
■更新:783円
■新規:1,234円
■更新:1,476円
■新規:2,167円
■更新:2,167円
■新規:4,012円
■更新:4,012円
■新規:6,662円
■更新:6,662円
■新規:14,278円
■更新:14,278円
半月払い■新規:月当り669円 / 総額4,012円
■更新:月当り669円 / 総額4,012円
■新規:月当り1,126円 / 総額6,752円
■更新:月当り1,291円 / 総額7,744円
■新規:月当り1,936円 / 総額11,616円
■更新:月当り1,936円 / 総額11,616円
■新規:月当り3,665円 / 総額21,988円
■更新:月当り3,665円 / 総額21,988円
■新規:月当り6,085円 / 総額36,508円
■更新:月当り6,085円 / 総額36,508円
■新規:月当り13,552円 / 総額81,312円
■更新:月当り13,552円 / 総額81,312円
1年払い■新規:月当り554円 / 総額6,637円
■更新:月当り554円 / 総額6,637円
■新規:月当り968円 / 総額11,616円
■更新:月当り1,130円 / 総額13,552円
■新規:月当り1,706円 / 総額20,468円
■更新:月当り1,706円 / 総額20,468円
■新規:月当り3,435円 / 総額41,210円
■更新:月当り3,435円 / 総額41,210円
■新規:月当り5,739円 / 総額68,868円
■更新:月当り5,739円 / 総額68,868円
■新規:月当り12,947円 / 総額155,364円
■更新:月当り12,947円 / 総額155,364円

 

ABLENETの契約年数は、1ヶ月払い半年払い(6ヶ月契約)年払い(12ヶ月契約)からの選択になっています。
他社VPSのような24ヶ月契約36ヶ月契約はなく、長期契約は行えないです。

また、利用料金に関しては一括払いになります。
半月払い、1年払いを選択することで月額料金は下がりますが、1ヶ月毎の支払いは行えないので注意してください。

 

因みに、ABLENETのVPSには、10日間お試し期間が付いています。
まずは、実際に使ってみて、その使用感やスペックなどを十分にチェックした上で本契約を行いましょう。

\↓ABLENET VPSの申し込みはコチラから↓/
今なら、メモリ増量キャンペーン中!

 

利用できるOS

VPSでは、初期化でインストールできるOSと、CD-ROMからインストールできるOSがあります。

初期化でインストールできるOSは、こちらになります。

初期化時のOS
  • Ubuntu Server 22.04 LTS
  • Ubuntu Server 20.04 LTS
  • AlmaLinux 9.2
  • AlmaLinux 8.8
  • Rocky Linux 9.2
  • Rocky Linux 8.8
  • Oracle Linux 9.2
  • Oracle Linux 8.8
  • CentOS Stream9
  • CentOS Stream8
  • CentOS 7.9
  • Minecraft Server(ubuntu/java)
  • Minecraft Server(ubuntu/Integrated) ※統合版
  • Ubuntu Desktop 22.04 with MT4/5

 

CD-ROMからインストールできるOSはこちらです。

CD-ROMからインストール
  • CentOS Stream9
  • CentOS Stream8
  • CentOS 8
  • CentOS 7.9
  • CentOS 7.7
  • CentOS 6 x86_64 / i386
  • CentOS 5 x86_64 / i386
  • Rocky Linux 9.2
  • Rocky Linux 8.8
  • AlmaLinux 9.2
  • AlmaLinux 8.8
  • Oracle Linux 9.2
  • Oracle Linux 8.8
  • Ubuntu Server (Kinetic Kudu) 22.10LTS amd64
  • Ubuntu Server (Jammy Jellyfish) 22.04LTS amd64
  • Ubuntu Server (Focal Fossa) 20.04 amd64
  • Ubuntu Server (Bionic Beaver) 18.04LTS amd64
  • Ubuntu Server (Xenial Xerus) 16.04LTS amd64 / i386
  • Ubuntu Server (Trusty Tahr) 14.04LTS amd64 / i386
  • Debian 11 64bit
  • Debian 10 64bit
  • Debian 9 64bit / 32bit
  • Debian (jessie) 8.4.0 64bit / 32bit
  • Debian (wheezy) 7.8.0 64bit
  • Debian (wheezy) 7.2.0 32bit
  • Fedora Server 36 x86_64
  • Fedora Server 35 x86_64
  • FreeBSD 13.1 amd64
  • FreeBSD 12.4 amd64
  • FreeBSD 11.4 amd64
  • FreeBSD 10.4 amd64 / i386
  • NetBSD 9.2
  • OpenBSD 7.0
  • DragonFly BSD 6.0.1
  • openSUSE Leap 15.3-3
  • archlinux-2022.02.01-x86_64
  • OpenIndiana Hipster 2020.04 Live DVD
  • slackware 14.2 64bit
  • SystemRescueCd 8.07

メモリ1GB以上が必要なOSもあるので注意してください。

因みに、OSのインストール画面はコチラ。
ABLENETのインストール可能なOS
見た目は少しレトロ感の残る画面ですが、シンプルで使いやすいです。

 

WindowsServerオプションもあり

V1~V6のプランでは、WindowsServerオプションを利用することもできます。
オプション料金はこちら。

  • WindowsServerオプション:1,250円
  • リモートデスクトップサービス(RDS):1ライセンス月額1,250円
  • Microsoft Office SAL:1ライセンス月額2,800円

※料金は、税込み表示です。

 

リモートデスクトップサービスも利用できますし、「Microsoft Office SAL」も購入できるので、オフィス関連ツールも利用できます。
その為、リモートワークで自宅で資料の編集・閲覧を行ったり、営業先での使用する資料作成なども行えます。

 

VPS申し込み時に「WindowsServerオプション」も同時に申し込むだけなので、簡単に利用開始できます。
VPSのWindowsServerオプション

 

ただ、ABLENETにはWindowsサーバーのプラン(Winプラン)も、別途用意されているので、そちらを利用することもできます。
Windowsサーバーについては、以下で詳しく説明しているので、そちらをチェックしてみましょう。

 

Windowsサーバーもあり

ABLENETでは、通常のVPS(Linux)だけでなく、Windowsサーバーも提供されています。

WindowsOSをインストールして利用することができ、「Microsoft Office」もオプションで利用することができます。

その為、社内の共有環境としても使用でき、例えば、営業先で資料を出してプレゼンをしたり、移動中に編集をすることもできます。

Windowsサーバーと言えば、エックスサーバーも有名です。
ですが、エックスサーバーと比べても料金やスペックに大きな差がなく、おすすめのWindowsサーバーとなっています。

Windowsサーバーのスペック・料金

ABLENETのWindowsサーバーの利用料金は、こちらになります。

※料金は税込み表示です。

Win1Win2Win3Win4Win5
ストレージ■SSD:60GB
■HDD:100GB
■SSD:120GB
■HDD:100GB
■SSD:150GB
■HDD:200GB
■SSD:150GB
■HDD:200GB
■SSD:150GB
■HDD:-
CPU2コア3コア4コア5コア8コア
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB
転送量無制限
初期費用0円0円0円0円0円
1ヶ月■新規:1,694円
■更新:2,397円
■新規:2,299円
■更新:3,090円
■新規:3,654円
■更新:5,278円
■新規:5,433円
■更新:7,814円
■新規:14,036円
■更新:15,367円
半月払い■新規:月当り1,513円 / 総額9,075円
■更新:月当り2,167円 / 総額12,999円
■新規:月当り1,997円 / 総額11,979円
■更新:月当り2,743円 / 総額16,456円
■新規:月当り3,413円 / 総額20,473円
■更新:月当り4,933円 / 総額29,594円
■新規:月当り5,046円 / 総額30,274円
■更新:月当り7,237円 / 総額43,421円
■新規:月当り13,310円 / 総額79,860円
■更新:月当り14,641円 / 総額87,846円
1年払い■新規:月当り1,392円 / 総額16,698円
■更新:月当り1,936円 / 総額23,232円
■新規:月当り1,815円 / 総額21,780円
■更新:月当り2,513円 / 総額30,148円
■新規:月当り3,062円 / 総額36,736円
■更新:月当り4,472円 / 総額53,655円
■新規:月当り4,671円 / 総額56,047円
■更新:月当り6,661円 / 総額79,930円
■新規:月当り12,705円 / 総額152,460円
■更新:月当り14,036円 / 総額168,432円

 

ABLENETの契約年数は、1ヶ月払い半年払い(6ヶ月契約)年払い(12ヶ月契約)からの選択になっています。
他社VPSのような24ヶ月契約36ヶ月契約はなく、長期契約は行えないです。

また、利用料金に関しては一括払いになります。
半月払い、1年払いを選択することで月額料金は下がりますが、1ヶ月毎の支払いは行えないので注意してください。

 

因みに、ABLENETのVPSには、10日間お試し期間が付いています。
まずは実際に使ってみて、その使用感やスペックなどを十分にチェックした上で本契約を行いましょう。

\↓ABLENET VPSの申し込みはコチラから↓/
今なら、メモリ増量キャンペーン中!

 

利用できるOS

ABLENETのWindowsサーバーでは、以下のバージョンを利用できます。

インストールできるWindowsバージョン
  • WindowsServer2022
  • WindowsServer2019
  • WindowsServer2016

 

Microsoftオフィスを利用するにはオプションが必要

Microsoft Office SAL」というオプションを申し込むことで、Microsoft Office(Microsoftオフィス)を利用することができます。

オフィス関連のツールを利用するために、Windowsサーバーを契約される方も多いと思います。

オンライン上でオフィスを利用できれば、自宅でのリモートワーク時でも資料の編集や閲覧が可能です。
他にも、営業先で資料を出して説明したり、外出中にカフェで仕事をすることも可能です。

月額利用料(ライセンス料):2,800円/1ユーザー
※初期費用は無料
※10日間のお試し期間あり

 

ライセンスは、利用される人数分だけ購入する必要があります。

バージョンは、「Microsoft Office LTSC Professional Plus 2021」になります。
また、WindowsServerのバージョンは、WindowsServer2022が必要になります。

パケージに含まれるオフィスツール
  • Microsoft Office Word 2021
  • Microsoft Office Excel 2021
  • Microsoft Office PowerPoint 2021
  • Microsoft Office OneNote 2021
  • Microsoft Office Outlook 2021
  • Microsoft Office Access 2021
  • Microsoft Office Publisher 2021

パワーポイント(PowerPoint)も含まれているので、営業先でのプレゼンにも便利ですね。

 

支払い方法

支払い方法:クレジットカード、コンビニ払い

コンビニ払いを選択すると、月払い(1ヶ月契約)での利用ができません。

また、ABLENETには10日間の無料お試し期間が付いていますが、料金を支払うまでが無料期間となっています。
支払いが完了すると無料期間が終了するので、注意してください。

 

プラン変更・リソース(メモリ・CPU・IPアドレス)変更について

ABLENETでは、サービス内でのプラン変更も可能になっており、アップグレードもダウングレードも可能になっています。
その為、VPSプラン(V0~V6)からWindowsプラン(Win1~Win5)へも可能になっていますし、その逆のプラン変更も可能です。

ただし、V0プランへのダウングレードのみ不可になっているの注意してください。
例えば、"Win2→V0"や"V3→V0"といったプラン変更は行えません。

 

また、ABLENETでは、リソースの増加を行うこともできます。
メモリ、CPU、HDD、IPアドレスの追加を行うことができ、よりスペックの高い環境が必要な方にもおすすめです。

リソースの変更オプションの詳細は、こちらのページでチェックしてみましょう。
https://www.ablenet.jp/vps/spec/op_resource.html

 

バックアップ機能について

VPSサービスでは、障害時の復旧用として、バックアップ自体は取ってあります。

ただし、共用サーバーのような自動バックアップ機能ではありません。
個人で利用できるものではないので、自身で定期的にバックアップを取るなどして対応を取るようにしましょう。

 

実際に使ってみた感想

VPSのコントロールパネルは、少し癖があり、初めて利用される方は少し戸惑うかもしれないです。
ですが、シンプルな設計になっていて、慣れると問題なく使いこなせると思います。

また、申込みまで簡単に行えますし、OSテンプレートも複数用意されているので、環境構築も簡単に行うことができます。

その為、VPSを使い慣れている方であれば、特に問題なく利用できます。
それに、初めてVPSを利用される方も、使いこなすのに難しくはないと思います。

 

もし、WEBサイトの環境を構築したい場合、OS設定後にApache、PHP、MySQLをインストールするだけです。

例えば、OSにCentOSをインストールした場合であれば、「yum -y install httpd」を実行すればApacheをインストールできます。
※インストール後にApacheの起動やポートの開放なども必要になります。

ブラウザから割り当てられたIPアドレスへアクセスして、このようなApacheのデフォルト画面が表示されていればOKです。
Apacheのデフォルト画面

「yum install -y php」と「yum install -y mariadb」を実行すると、PHPとMySQL(MariaDB)をインストールすることができます。
レポジトリを指定すれば、最新バージョンのPHPとMariaDBをインストールすることもできます。

 

WEBサーバーにNginxを使用したい場合は、リポジトリを追加して「yum -y install nginx」を実行すればOKです。
こんな初期画面が表示されていれば、インストール完了です。
Nginxのデフォルト画面

 

マインクラフトのマルチプレイサーバーの構築も簡単です。
OSの中から「Minecraft Server(ubuntu/java)」か「Minecraft Server(ubuntu/Integrated)」を選択して初期化を行うだけです。

詳しくは、こちらのページでチェックしてください。
https://www.ablenet.jp/vps/spec/template_minecraft.html

 

ABLENETのVPSはこんな方におすすめ

ABLENETのVPSは、こんな方におすすめです。

・コスパのいいVPSをお探しの方
・Windowsサーバーを使って社内のクラウド環境を構築したい
・マインクラフトをマルチプレイで遊びたい
・MT4、MT5を利用したFX自動売買環境を構築したい

ABLENETのVPSサービスは、格安料金ではないですが、決して高くはないです。
それに、スペックも低くなくコスパの良いサービスです。

また、Windowsサーバーを利用できるので、社内の共有環境を構築したい方にも最適です。
それに、VPSプランを使ってWEBサイトの運営を行ったり、マイクラのマルチプレイサーバーやFXの自動売買システムの構築にもおすすめです。

 

WEBサイトの環境構築には専門知識も必要!

ただ、WEBサイトの環境構築には、ミドルウェア(Apache、PHP、データベースなど)のインストールが必要になります。
WordPressを利用する場合には、WordPress自体のインストールやSSL証明書のインストールも自身で行う必要があります。

レンタルサーバー(共用サーバー)のように、簡単インストール機能はないので、その点は注意しましょう。

もし、WordPressを使ったWEBサイトの運営を行う場合には、ABLENETの共用サーバーもおすすめです。
そちらもチェックしてみましょう。

 

\↓ABLENET VPSの申し込みはコチラから↓/
今なら、メモリ増量キャンペーン中!

 

メモリ増量キャンペーン実施中

現在、メモリ増量キャンペーン中です。
今申込むと、ずっとそのメモリのまま利用することができます。

【VPSプラン】
V3プラン:4GB → 6GB
V4プラン:8GB → 10GB

【Windowsプラン】
Win1プラン:1GB → 2GB
Win2プラン:2GB → 3.5GB
Win3プラン:4GB → 6GB
Win4プラン:8GB → 10GB

 

まとめ

今回は、ABLENETのVPSについてまとめました。

ABLENETのVPSはコスパもよく、OSテンプレートも複数用意されているので、様々な利用方法ができます。
WEBサイトの運営を行ったり、マインクラフトのマルチプレイ環境の構築、FXの自動売買環境の構築も簡単に行えます。

また、Windowsサーバーのプランも用意されているので、例えば、リモート環境の構築も可能です。
社内の共有環境の構築にもおすすめで、Microsoftオフィスを使った資料作成も便利に行えます。

VPSやWindowsサーバーをお探しの方は、ABLENETもチェックしてみましょう。

 

\↓ABLENET VPSの申し込みはコチラから↓/
今なら、メモリ増量キャンペーン中!

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事