おすすめ記事
「ConoHa WING」からアルファSSLの無償提供が開始!インストール方法など詳しく解説!

レンタルサーバ「ConoHa WING」からアルファSSLの独自SSL無償提供が開始!

レンタルサーバ「ConoHa WING」でアルファSSLの独自SSL無償提供が始まったようです。

しかも、永久無料ということなので「ConoHa WING」を使い続けている限りは、SSL(正確には「SSL/TLS」)の利用料が発生することはないようです。

 

アルファSSLは、本来は年間で年6,600円(税込み)の商品になっています。

この価格帯だと、一応格安SSLに分類されるのですが、それでも6,600円って個人やフリーランスだと手を出せないですよね。

それを無料で利用できるようになったので、かなりお得にアルファSSLを利用できるようになっています。

 

最近は、無料のSSL「Let's Encrypt」を利用される方も増えています。

私自身も「Let's Encrypt」を利用しているのですが、特に個人ブロガーやアフィリエイター、中小企業さんなどの多くは「Let's Encrypt」だと思います。

もし、無料のSSLだと不安だという方は、この機会にアルファSSLの独自SSLを利用されることをおすすめします。

【アルファSSLはこのような方におすすめ】
■独自SSLを利用したい
■SSL証明書の購入に費用をかけたくない
■無償SSL「Let's Encrypt」だと不安だ

 

アルファSSLとは

アルファSSLとはGMOグループであるグローバルサイン社が提供しているSSL証明書です。

グローバルサイン社はSSLの国内ナンバーワン企業であり、その企業が提供する信頼性の高いSSL証明書となっています。

最大256bitのSSL暗号化通信を実現するSSL証明書で、法人だけでなく個人やフリーランスにも対応しています。

 

値段設定としては、税込みで年間6,600円となっており、一応、格安SSLと呼ばれるSSLの一つです。

 

ただし、年間1,000円ほどで利用できる格安SSLもあるので、6,600円というのは決して安くはありません。

もちろん、一昔前の3万、4万のSSLが足り前だった時代と比べるとかなり安いのですが。

 

それと、アルファSSLは2way対応のSSLとなっています。

その為、サイトURLへアクセス時にwwwあり・wwwなしの両方へアクセスできる仕様になっています。

 

あああ
■年間利用料が6,600円
■グローバルサイン社が提供
■2way対応なのでwwwあり・wwwなしの両方のURLへアクセス可能

 

アルファSSLの申し込み方法

無料SSL設定をOFFにしておく

アルファSSLを利用する際、既に無料SSLを設定していると申し込み時にエラーになります。

もし、無料SSL設定隅の場合には、事前に無料SSLの設定をOFFにしておく必要があります。

無料SSLの設定をOFFにする場合には、「ConoHa WING」のコントロールパネルにログイン後、「サイト管理」→「サイトセキュリティ」と画面移動してください。
「ConoHa WING」無料SSL設定
その画面に「独自無料SSL」という項目があるので、それを開いて「ON」から「OFF」に変更するだけです。

 

変更後、設定が反映されるまでしばらく時間が掛かるので、それまでお待ちください。

私が作業を行った際には、5分ほどで設定が反映されました。

 

設定が完了すると、このように表示が「OFF」に変わっているはずです。
「ConoHa WING」無料SSL設定

 

それと、このあとアルファSSLの設定が完了するまでは、該当ドメインにブラウザからアクセスした場合に「保護されていない通信」となります。

ブラウザの画面上には「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーが表示されます。
Chrome「保護されていない通信」
この点も十分に理解した上で設定を行うようにしてください。

アルファSSLの申し込みを行う

アルファSSLの申し込みを行うには、「ConoHa WING」のコントロールパネル上から、「サイト管理」→「サイトセキュリティ」と画面移動してください。
「ConoHa WING」無料SSL設定
こちらの画面で「オプション独自SSL」をクリックして展開させてください。

「オプション独自SSL」ボタンが表示されるのでクリックしてください。
「ConoHa WING」オプション独自SSL設定

このような画面に遷移します。
「ConoHa WING」アルファSSLの申し込み画面
プランで「アルファSSL」を選択すると、画面下に「契約期間 1年 0円」と表示されていることを確認できると思います。

 

この画面では認証方法の選択が必要です。
認証方法には「ページ認証」「DNS認証」の2通りありますが、どちらの方法も簡単なので好きな方で設定してください。

 

【ページ認証の場合】
「ConoHa WING」アルファSSLの申し込み画面

【DNS認証の場合】
「ConoHa WING」アルファSSLの申し込み画面
DNS認証の場合には、事前にドメインの管理画面からConoha WINGのネームサーバーを設定しておく必要があります。

ConoHa WING ネームサーバー
ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
ns-a3.conoha.io

認証方法を選択したら、画面右下に表示されている「次へ」をクリックすると申し込みが完了になります。
「ConoHa WING」アルファSSLの申し込み完了画面

 

このあと、数時間でSSLが有効化になります。

私の場合には、1時間半ほどでSSLが有効になり、ブラウザ上に「保護されていない通信」が出なくなりました。

簡単ですね!

一応、この後にブラウザ上から証明書がアルファSSLになっているか確認しておきましょう。

例えば、Chromeを利用されている場合、アドレスバーの左側に表示されている鍵マークをクリックすると、以下のような画面が開きます。
ChromeのSSL有効かチェック
「この接続は保護されています」をクリックしてください。

ChromeのSSL有効かチェック
「証明書は有効です」をクリックしてください。

以下のような画面が開くので、「発行者」を確認してください。
ChromeのSSL有効かチェック
「発行者」がAlphaSSLとなっていればSSLのインストールまで問題なく完了しています。

 

最後に

人気のレンタルサーバ「ConoHa WING」では、アルファSSLの独自SSL無償提供が開始しました!

 

無償SSL「Let's Encrypt」だと不安だという方は、ぜひこの機会にアルファSSLをご利用ください。

 

また、アルファSSLは法人はもちろんですが、個人やフリーランスの方でも問題なく利用できます。

もしアルファSSLを利用したいという方は、アルファSSLを利用できる「ConoHa WING」をご検討ください。

 

因みに、すでに「ConoHa WING」の場合にも、簡単にアルファSSLへ切り替えられるの安心してください。

実際に私も「Let's Encrypt」をインストール済みだったドメインをアルファSSLへ切り替えてみました。

 

作業時間は15分ほどです。

もちろん、作業完了後にアルファSSLが有効になるまでには1~2時間ほど掛かりますが、実作業は15分なので、手間はかかりませんでした。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事