※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
法人向けのレンタルサーバー9社を紹介!

今回は、法人利用におすすめのレンタルサーバーをまとめました。
法人の方でレンタルサーバーをお探しであれば、当記事を参考にして頂ければと思います。

法人向けレンタルサーバーを選ぶポイント

まず、法人向けレンタルサーバーを選ぶ際のポイントについて説明します。

チェックすべきポイントはたくさんありますが、特に重要なのはこの5つです。

・有料のSSL証明書
・セキュリティ
・安定性
・稼働率
・サポート

法人利用の場合、もちろんサーバーの速度も重要です。
ですが、それ以上にサーバーのセキュリティや安定性が重要です。

 

有料のSSL証明書

最近のレンタルサーバーでは、無料のSSLをデフォルトで利用できるようになっているサービスが多いです。
個人で利用する場合には、無料SSLで全く問題はありません。

ですが、法人で利用する場合には、有料のSSL証明書を購入して利用されることも多いです。

有料SSL証明書の場合には、「フィッシング詐欺」や「なりすまし詐欺」への対策も可能になります。

SSLには、ドメイン認証SSL(DV)、企業認証SSL(OV)、EV認証SSL(EV)の3つのタイプがあります。
企業認証SSLやEV認証SSLであれば、WEBサイトの運営団体の実在性まで証明することができ、非常に安全なSSL証明書になります。

法人利用の場合には、有料のSSL証明書を利用できるかもチェックしてみましょう。

 

セキュリティ

法人利用の場合には、セキュリティ対応についても重要ですね。

上記で説明した有料SSLもセキュリティ対策の一環です。

さらに、ウィルスチェックソフトやWAFなど、どのようなセキュリティ対応が可能かも必ずチェックしておきましょう。

法人向けレンタルサーバーの場合には、セキュリティ関連の機能が有料オプションになっている場合も多いです。
高機能なセキュリティソフトも多いので、法人利用の場合には有料オプションを利用するのもおすすめです。

 

安定性

安定性というのは、"表示速度が安定していること"、また、"大量の同時アクセス時にもサーバーが落ちないこと"の2点が重要です。

・表示速度が安定していること
・大量の同時アクセス時にもサーバーが落ちないこと

 

レンタルサーバーのスペック・機能をチェックする際には、まずWEBサーバーとして利用しているソフトをチェックしてみましょう。

例えば、Nginx(エンジンエックス)というWEBサーバーがよく利用されますが、こちらは同時アクセスに強いと言われています。
また、LiteSpeed(ライトスピード)は高速な処理が可能なWEBサーバーですが、同時アクセスにも強く、最近では多くのレンタルサーバーで採用されています。

これらのWEBサーバーを搭載していると、複数ユーザーがWEBサイトに同時にアクセスした場合でも安定した表示速度を期待できます。
さらに、大量のアクセスが発生しても、WEBサイトが落ちにくくなります。

なお、WEBサーバー以外にも、ストレージやCPU、メモリなどもチェックしてみましょう。
CPUやメモリは非公開のレンタルサーバーも多いですが、ストレージは必ず公開されています。

ストレージにSSDを採用しているかチェックしたり、CPUやメモリのスペックを比較してみるのもおすすめです。

 

稼働率

レンタルサーバーによっては、サーバー稼働率を公開しているサービスも多いです。
稼働率99.99%以上のレンタルサーバーも多く、法人向けレンタルサーバーを選ぶ際のポイントの一つになります。

さらに、SLA(品質保証制度)を導入している会社もあります。

SLA(品質保証制度)とは、IT分野でよく導入される制度で、利用者に対して一定のサービス品質を保証する制度です。
例えば、月間の稼働率が99.99%を下回った場合には、利用料金を返却するといった制度を導入しているレンタルサーバーもいくつかあります。

 

サポート

WEBサイトやメールサーバーが落ちてしまった場合には、少しでも早く復旧させる必要があります。

メールを利用できないと仕事にならないという場合もあります。
WEBサイトを表示できないと、ユーザーが自社の商品やサービスの内容を確認できないということも発生します。

そこで、いち早い復旧の助けとなるのがサポートです。
"電話サポートを利用できるのか?"、"メールサポートやチャットサポートを利用できるのか?"などはチェックしておきましょう。

 

その他のチェックポイント

レンタルサーバーを選ぶ際には、上記以外にもチェックすべきポイントはあります。
余裕があれば、以下のようなポイントもチェックしてみましょう。

その他のチェックポイント

・ストレージ容量
・転送量
・RAID構成
・データベース、PHPのバージョン
・自動バックアップ

 

法人向けレンタルサーバーのメリット・デメリット

法人向けレンタルサーバーのメリットとデメリットもチェックしてみましょう。

 

メリット

法人向けレンタルサーバーの一番のメリットは、セキュリティ面です。

個人向けレンタルサーバーと比べると、セキュリティ対策がより強化されています。
Web改ざん検知などの有料オプションも多く用意されているサービスもあり、セキュリティ対策にはかなり力を入れています。

法人利用の場合には、重要なデータも多く取り扱っています。
それらが安全に守られるように設計されているのがポイントですね。

また、業務での利用を想定した機能やオプションも用意されているサービスもあります。

さらに、サポート体制も充実しており、急なトラブル時でも安心して対応できるようになっています。

 

デメリット

法人向けレンタルサーバーのデメリットは、個人向けレンタルサーバーよりも割高になるところです。

法人向けレンタルサーバーでは、利用者のデータを安全に守るために、セキュリティ機能が充実しています。
また、スペックも高くなり、業務向け機能も個人向けレンタルサーバーよりも充実しています。

その分、どうしても個人向けレンタルサーバーよりも利用料金が高くなる傾向にあります。

 

法人向けレンタルサーバーが不要な場合

法人で利用する場合には、基本的には法人向けのレンタルサーバーをおすすめしています。
ですが、以下のような状況では、個人向けレンタルサーバーでも問題ないです。

・メールアドレスを利用しない
・簡易的なWEBサイトの運営

メールアドレスを利用せず、簡易的なWEBサイトを運営するだけであれば、法人向けレンタルサーバーにこだわる必要はないです。
例えば、個人でアフィリエイトに利用するレベルのレンタルサーバーでも全く問題はありません。

メールに関しては、Gメールを利用する法人も多いです。
簡易的な店舗サイトや会社サイトなどを運営するだけであれば、月額1,000円程度で利用できるレンタルサーバーでも十分です。

 

法人向けレンタルサーバー9社を紹介

法人向けレンタルサーバー9社を紹介します。
まず、各レンタルサーバーの仕様をこちらの表でチェックしてみましょう。

有料SSL証明書セキュリティWEBサーバー稼働率サポートデータセンターバックアップ
Xserverビジネス■WAF
■Web改ざん検知
■WordPressセキュリティ設定
■スパムフィルター(標準)
■高性能スパムフィルタ(Cloudmark)
■DKIM
■セコムセキュリティ診断
など
Nginx99.99%以上■電話
■メール
■チャット
国内1日1回自動バックアップ
過去14日分保存
カゴヤ・ジャパン■WAF
■WordPressセキュリティ設定
■WordPress脆弱性診断
■メールウイルスチェック
■迷惑メール対策
など
Nginx + Apache99.999%■電話
■メール
■チャット
京都けいはんな学研都市10GBまで無料 / 最大2TBまで増加可
さくらのレンタルサーバ
for biz
■WAF
■Web改ざん検知
■国外IPアドレスフィルタ
■メールウイルスチェック
■迷惑メールフィルタ機能
など
Nginx + Apache99.99%以上■電話
■メール
■チャット
東京・大阪8世代までバックアップ可
ヘテムル■WAF
■海外アタックガード
■国外IPアドレスフィルタ
■メールウイルスチェック
■スパムフィルタ
など
Apache99.99%■電話
■メール
東京1日1回自動バックアップ
WEB・メール7日分 / データベース14日分保存
※有料の7世代バックアップもあり
WebARENA SuiteX■IPS
■Web改ざん検知
■メール接続元
■Webメール接続制限
■添付ファイル自動暗号化
■ウィルスチェック
■迷惑メールフィルター
など
Apache99.99%■メール
■チャット
NTTPCのデータセンター1世代バックアップのみ無料
有料の3世代・7世代バックアップもあり
CPI■WAF
■Web改ざん検知
■Active! gate(メール誤送信防止)
■メールウイルスチェック
■スパムメールチェック
など
Apache■電話
■メール
WEBサーバーは都内
メールサーバーは東日本、西日本の2拠点
自動バックアップあり
※有料の外部バックアップも利用可
Bizメール&ウェブ■Web改ざん検知
■海外IPフィルタリング
■メールウイルスチェック
■迷惑メールフィルタリング
など
Apache■電話
■メール
NTTコミュニケーションズデータセンター自動バックアップあり
スピーバー■WEBアクセス制限
■スパム対策
など
Nginx + Apache■電話
■メール
大手データセンター有料
※7日分のデータ保存
iCLASTA■データ復旧サービス
■メールウイルス除去サービス
■迷惑メールフィルター
■不正アクセス対策
■海外Webアクセス制限機能
■簡易Web脆弱性診断
■Webサイト脆弱性診断・マルウェア対策ツール「SiteLock」
■Webセキュリティ診断
など
Apache■電話
■メール
■FAX
国内有料の7世代バックアップ

 

Xserverビジネス

Xserverビジネス

Xserverビジネス(エックスサーバービジネス)は、エックスサーバー株式会社が運営する法人向けのレンタルサーバーです。

エックスサーバーの一般向けレンタルサーバーとは異なり、Xserverビジネスにはビジネス向けの機能も多く、Web改ざん検知機能や高性能スパムフィルタ「Cloudmark」を利用することもできます。
また、SLA(品質保証制度)を導入しており、稼働率99.99%を下回った場合には、利用料金の一部、または全額を返却して貰うことも可能です。

さらに、「ホームページ無料制作サービス」を提供しており、無料でホームページを制作することもできます。
このサービスを利用することで、ホームページ制作費用を節約することができ、お得にWEBサイトを運営することができます。

データセンターは国内に設置されており、電源・空調・防火システムを完備した安全な環境でデータを保管しています。
自動バックアップ機能も充実しており、安全にWEBサイトを運営する環境が整っています。

Xserverビジネスについてはこちらのページで詳しくまとめているので、合わせてチェックしてみましょう。

 

カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバー

カゴヤ・ジャパンの共用サーバー

カゴヤ・ジャパンは1926年創業の茶摘籠の販売から始まった老舗企業で、法人利用の多いレンタルサーバーサービスです。

WEBサーバーに「Nginx + Apache」を採用、ストレージとしてSSDを搭載しており、高速で同時アクセスにも強いレンタルサーバーです。

また、災害に強いとされている京都の「けいはんな学研都市」にデータセンターが設置されており、専任技術者による24時間365日体制での監視も行われています。
サーバー稼働率99.999%となっており、安全なWEBサイト運営・メール利用が可能です。

さらに、WEBとメールのサーバーを分けているのもポイントです。
万が一、どちらかのサーバーにトラブルが発生しても、もう一方は利用できるようになっています。

カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバーについては、こちらのページも合わせてチェックしてみましょう。

 

さくらのレンタルサーバ for biz

さくらのレンタルサーバ for biz

さくらのレンタルサーバと言えば老舗レンタルサーバーで、昔からの利用者も多い大手レンタルサーバーの一つです。

個人向けのプランもありますが、ビズネス向けのプランも用意されており、法人の利用者が多いレンタルサーバーです。

【法人向けのプラン】
・ビジネス
・ビジネスプロ
・マネージドサーバ

さくらのレンタルサーバでは、CDNオプションも利用することができます。
CDNを利用することで負荷を分散させることもでき、より高速で安定したWEBサイトの運営が可能になります。

特に、大規模なアクセスを見込めるWEBサイトでは、CDNを利用するのもおすすめです。

データセンターは制震・耐震・免震構造になっており、無停電電源装置(UPS)と非常用電源装置を完備した安全の設計になっています。
また、運用スタッフが24時間365日体制で監視を行っており、稼働率99.99%以上を誇るレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバについて詳しく知りたい方は、こちらのページも合わせてチェックしてみましょう。

プレミアムプラン以下は個人向けプランです。
法人利用の場合には、ビジネスプラン以上を利用しましょう。

 

ヘテムル(heteml)

ヘテムル

ヘテムル(heteml)は、ロリポップの上位サーバーで法人利用におすすめのレンタルサーバーです。

シンプルな料金プランで、有料ですがホームページ制作サービスを利用することもできます。

1日1回の自動バックアップ機能も搭載しており、WEB・メールデータは最大7日分、データベースは最大14日分のデータ保存が可能です。
ただし、バックアップデータの利用(データ復元など)は有料になっています。
※有料の7世代バックアップオプションも利用できます。

サーバーは、都内の大手データセンターに収容されており、24時間365日の有人監視体制(ソフトウェアによる監視もあり)となっています。
サーバー稼働率99.99%となっており、法人利用でも安心して利用できるレンタルサーバーです。

 

【NTTPC】WebARENA SuiteX

WebARENA SuiteX

WebARENA SuiteXは、NTTPCが運営する大手レンタルサーバーです。

サーバーは、NTTPCのデータセンターで管理されており、稼働率は99.99%となっています。

AI予測型のメールセキュリティシステムを搭載しており、AIがフィッシングやランサムウェアなどの攻撃を防いでくれます。

また、WebARENAの共用サーバーではSLA(品質保証制度)を導入しています。
サーバー稼働率100%を下回る場合には、料金の一部、または100%の減額となります。

ただ、標準搭載のデータベースは容量300MB(100MB/1DB)となっており、規模の大きなWEBサイトの運営には向いていません。

法人利用の場合には、有料にはなりますが、容量10GBの高機能データベースを利用しましょう。
ただし、高機能データベースはMySQL5.1となっており、バージョンが古いのがデメリットにはなります。

 

【KDDIグループ】CPI

CPI

CPIは、KDDIグループが運営する大手レンタルサーバーです。

プランは一つで、主契約ドメイン(1つ目のドメイン)は、「CPI SSLサーバー証明書」を無料で利用することができます。
他にも、セコムやジオトラスト、デジサートのSSL証明を購入することもでき、さらに有料ですが、「Web改ざん検知」「Active! gate(メール誤送信防止)」のサービスも利用できます。

CPIでは、WEBサーバーとメールサーバーを分離しており、どちらか一方にトラブルが発生しても、一方は守られる仕組みになっています。

また、テスト環境を標準で搭載しており、テスト環境で開発を行い、そのまま本番環境へ移行させることもできます。
その為、WEBサイト開発時に発生するトラブルを減らすことができ、WEB制作会社が利用しやすいサービスになっています。

さらに、CPIではSLA(品質保証制度)を導入しています。
サーバー稼働率100%を下回った場合には、該当月の利用料金の一部、または全額の返金請求が可能となっています。

 

【NTTコミュニケーションズ】Bizメール&ウェブ

Bizメール&ウェブ

Bizメール&ウェブは、NTTコミュニケーションズが運営する法人向けレンタルサーバーです。

自動バックアップが1日1回実施され、さらに1週間毎に1回は外部サーバーへのバックアップが行われます。
外部サーバーへのバックアップにより、データをより安全に保存することができます。

サーバーは、大規模な震災にも耐えられる堅牢なNTTコミュニケーションズのデータセンターに設置されています。
専任エンジニアによる24時間365日の有人監視が実施されており、高いサーバー稼働率を誇ります。

さらに、国内最大級のNTTコミュニケーションズのIPバックボーンに直結しており、快適なアクセス環境になっています。
専任オペレーターによる24時間365日電話サポートも利用でき、トラブル発生時でも安心して利用することができます。

 

スピーバー(Speever)

スピーバー(Speever)

スピーバー(Speever)は、法人向けサーバーとなっており、共用サーバーでは3つのプランが用意されています。

特に、セキュリティプランでは、企業認証SSLが標準搭載となっており、ビジネスでの利用にも最適です。

※企業認証SSLとは、WEBサイト運営法人の実在性まで証明できる強力な証明書となります。

遠隔操作ツールを使ったリモートサポートも可能となっており、トラブル発生時でも安心です。

さらに、セキュリティプランでは、「ウィルス&スパムリジェクター」というクラウド型のウィルスチェック・スパムチェックサービスを利用することができ、より高度なフィルタリングが可能となっています。
下位のプランでも「Dr.Web」というウィルスチェック・迷惑メール対策システムを利用することができ、メールも安心して利用することができます。

データセンターは、無停電装置と自家発電設備を標準搭載しており、電力供給が遮断された状況でにも備えてあります。
さらに、サーバーを48時間以上連続稼働できる駆動用燃料をデータセンター内に常備されているので安心です。

また、データセンターの建物は、"揺れを緩やかにする耐震構造"と"揺れと地震力を低減する免震構造"を組み合わせたハイブリッド型免震構造となっており、災害にも備えた構造になっています。

スピーバーには、シンプルプラン、サポートプラン、セキュリティプランの3つのプランがあります。
おすすめは、企業認証SSLを無料で利用できるセキュリティプランです。
サーバー料金を抑えたい方には、無料でドメインを1個利用できるサポートプランもおすすめです。

 

iCLUSTA+(アイクラスタ プラス)

iCLUSTA+

iCLUSTA+(アイクラスタ プラス)は、GMOクラウドの法人向けレンタルサーバーです。
GMOインターネットグループ株式会社のグループ企業が運営する老舗のレンタルサーバーサービスで、利用料金が比較的安いのが特徴です。

「レギュラー」と「プロ」のプランでは、MT(Movable Type)の商用ライセンスも1つ付いています。
今でもMTを利用されている法人も多く、それを無料で利用できるのもiCLUSTA+の特徴です。

MT(Movable Type)は、以前よく利用されていた有料CMSで、動的ではなく静的WEBサイトの公開が可能です。
静的WEBサイトは高速かつ安全に運営できるので、今でも日本国内では利用している法人が多いです。

サーバーは、国内データセンターに設置されています。

さらに、iCLUSTA+とは別のデータセンターにデータを保管できる7世代バックアップデータ(有料)も利用することができます。
データ復旧は無料になっており、安心してWEBサイトの運営を行えるのも特徴です。

オプションも多く、サイボウズOfficeやSiteLock(セキュリティツール)、MakeShopなど、法人利用にも嬉しいサービスを利用することもできます。

 

最後に!

今回は、法人向けレンタルサーバーについてまとめました。
法人利用・ビジネス利用におすすめのレンタルサーバーで、セキュリティ機能やサポートの充実したサービスも多いです。

個人向けレンタルサーバーと比べると利用料金が高くなります。
ですが、WEBサイトやメールを安全に運用したい方は、法人向けレンタルサーバーを利用するようにしましょう。

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事