おすすめ記事
VALUE SERVER(バリューサーバー)は高速格安レンタルサーバー!詳しく解説します!

WordPress特化サーバー【バリューサーバー(VALUE SERVER)】は高速な格安サーバー

こちらの記事では格安レンタルサーバー「バリューサーバー(VALUE SERVER)」についてまとめました。

 

146円~利用することができるレンタルサーバーですが、エコプラン(183円~)以上であればWordPressで組んだサイトもサクサク表示されます。
それに、コントロールパネルもシンプルで使いやすいです。

その為、初心者の方でも利用しやすいレンタルサーバーとなっています。

 

もちろん、中級者以上の方にも十分おすすめできるレンタルサーバーとなっています。

バリューサーバーに興味をお持ちの方や、格安サーバーをお探しの方は、ぜひこちらの記事を最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

バリューサーバーの特徴、おすすめポイント

バリューサーバーの特徴、おすすめポイントは以下になります。

■高速のレンタルサーバー
■コントロールパネルがシンプルで初心者でも使いやすい
■WordPress、MovableTypeのインストールも簡単
■無料独自SSLにも対応
■スタンダートプラン以上でマルチドメイン無制限
■スタンダートプラン以上でデータベース(MySQL、PostgreSQL)無制限
■10日間の無料お試し期間あり

 

高速のレンタルサーバー

実際に利用して感じたのは、サイトの表示速度の速さです。

多くの格安レンタルサーバーを試してきましたが、その中でもトップクラスの速さです。
月額1,000円ほどのレンタルサーバーと比べても、遜色がないです。

 

その理由としては以下のような点が上げられます。

・最新CPU(Xeon 56コア以上を使用し、メモリ容量が1TBもある
・ストレージとして高速処理が可能なSSDを採用
・ネットワーク帯域1Gbps

コントロールパネルがシンプルで初心者でも使いやすい

バリューサーバーが初心者の方にもおすすめな理由の一つが、コントロールパネルの使いやすさです。

このようにとてもシンプルで、誰でも直感的に作業をできます。
バリューサーバーのコントロールパネル

初心者の方でも迷わずに設定を行えるのもバリューサーバーのおすすめポイントです。

WordPress、MovableTypeのインストールも簡単

バリューサーバーでは、WordPressも簡単にインストールを行えます。

WordPressインストール機能も今のレンタルサーバー業界では基本ですが、WEB制作の専門的な知識がなくてもインストールできるのは助かりますね。
WordPressの簡単インストール

他に、MovableType(MT)のインストール機能も付いています。

今でも、稀にMovableTypeを利用されている方もいるので、これも嬉しい機能ですね。

無料独自SSLにも対応

無料の独自SSLにもしっかりと対応しています。
無料独自SSLのインストール機能

スタンダートプラン以上でマルチドメイン無制限・サブドメイン無制限

スタンダートプラン以上を契約すると、マルチドメインの設定が無制限です。

スタンダードプランも12ヶ月契約で月額367円という低価格設定になっていて、しかもストレージ容量も100GBあります。
その為、複数サイトを運営するのにも便利です。

 

また、サブドメインの利用も無制限になっています。

サブドメインをたくさん利用される方にも便利な仕様になっています。

スタンダートプラン以上でデータベース(MySQL、PostgreSQL)無制限

バリューサーバーでは、データベースとしてMySQLだけでなくPostgreSQLも利用できます。

しかも、スタンダートプランではデータベース無制限となっています。

 

WordPressを使ったサイト運営であればMySQLだけで問題ないですが、オリジナルシステムでPostgreSQLを利用される方も多いです。

そのような場合にも対応しているので、オリジナルでコードを書く場合にもおすすめです。

 

バリューサーバーはこんな方におすすめ

バリューサーバーは、やはりWordPress初心者の方に一番おすすめしたいです。

月額200円以下から利用できて、しかも表示速度がかなり早いです。

それに加えて、サーバーのコントロールパネルもシンプルで、初心者の方にも使いやすい仕様になっています。

 

ただ、中級者以上の方でも満足できるレンタルサーバーになっています。

WEBサイトを運営できる基本的な機能は揃っていて、WordPressを使ったサイトだけでなくオリジナルシステムの構築にも利用できます。
Cronの利用やSSH接続も可能で、上級者の方にもおすすめです。

 

バリューサーバーのデメリット

デメリットはバックアップが機能がないという点です。
※ビジネスプランのみ付いています。

その為、利用者自身で定期的にバックアップを取っておく必要があります。

WordPressを利用されている場合には、プラグインを利用して定期的に自動バックアップを取るようにすることもできます。

 

バックアップ機能は重要ですが、月額料金とサーバーの表示速度を考えると目をつぶってもいい点ではないかと思います。

 

料金について

料金についても表にまとめておきます。
※2022年6月2日現在の情報です。
※また、全て税込み価格になります。

 

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の単位で利用することができます。

ただ、12ヶ月利用だと月額換算で146円~利用できるので、基本的には12ヶ月単位での利用をおすすめします。

料金の詳細は以下の表でご確認ください。

プラン名まるっとエコスタンダードビジネス
ディスク容量25GB50GB100GB400GB
初期費用無料1,100円2,200円3,300円
月額(12ヶ月の場合)146円~183円367円1,833円
1ヶ月利用1,758円~440円880円4,400円
3ヶ月利用1,758円~1,100円2,200円11,000円
6ヶ月利用1,758円~1,650円3,300円16,500円
12ヶ月利用2,200円~1,650円4,400円22,000円
お試し期間なし10日10日10日
マルチドメイン5個25個無制限無制限
データベース(MariaDB)1個1個無制限無制限
データベース(PostgreSQL)1個1個無制限無制限
データベース(SQLite2 / 3)利用可利用可利用可利用可
メールアカウント3個100個無制限無制限

 

バリューサーバーのおすすめプラン

おすすめはスタンダードプランです。

マルチドメイン、データベースが無制限となっていて、さらにストレージ容量が100GBもあります。
その為、複数サイトを運営するのにもおすすめです。

 

もし、1サイトのみの運営であればエコプランでも十分です。
エコプランでもWordPressで組んだサイトもサクサク動作しますし、サイト運営には何も問題ありません。

あとは、まずは初期にかかる費用を抑えてブログやアフィリエイトを開始したい方にもエコプランはおすすめできます。

 

初めてWordPressを利用される方には「まるっとプラン」もおすすめ!

上記でおすすめプランを紹介しましたが、初心者の方には「まるっとプラン」もおすすめです。

ドメインとセットで利用できて、1年契約で1,758円~利用することができます。
月額146円~となっているので、かなり格安です。

しかも、初期費用も無料です!

 

無料お試し期間が無いのが少し不便ですが、初めてブログを運営する方などにとってはとてもおすすめです。

 

バリューサーバーのまとめ

こちらの記事では、格安サーバーとして人気のレンタルサーバー「バリューサーバー((VALUE SERVER))」についてまとめました。

おすすめのスタンダードプランでは、ストレージ容量100GBでマルチドメイン・データベースが無制限となっています。
これで、月額367円~利用することができます。

 

しかも、WordPressを使ったサイトでもかなりサクサク動作してくれます。

バリューサーバーでは、10日間の無料お試し期間も付いています。(※「まるっとプラン」は除く)
こちらの記事を読んでいただいてバリューサーバーを使ってみたくなった方は、まずは無料お試し期間を利用してみましょう。

おすすめのレンタルサーバーになっているので、ぜひ一度試してみてください。

 

因みに、新規ドメインを100円から取得できるバリュードメイン(VALUE-DOMAIN)というサービスもあります。

サーバーとドメインの連携も楽になるので、もしバリューサーバーとセットでドメインを利用したい場合にはバリュードメインもおすすめです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事