さくらインターネットで常時SSLを設定する

さくらインターネットのレンタルサーバーで常時SSL設定を行う方法をまとめておきます。
SSL通信の設定はSEOにも影響するので、必ず設定するようにしましょう。

流れとしては、
・無料SSLサーバー証明書(Let’s Encrypt)をインストール

・.htaccessでHTTPへのアクセスをHTTPSへ強制リダイレクトさせる
となります。

無料SSLサーバー証明書(Let’s Encrypt)をインストール

まずは、お持ちのアカウントでさくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインして下さい。
コントロールパネル:https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/

ログインすると、以下の画面に遷移するので、
以下の流れで設定を行って下さい。

サーバコントロールパネルのトップ画面
左カラムの「ドメイン/SSL」をクリック

SSLをインストールするドメインを選択
該当ドメイン右側の「SSL」をクリック

登録設定を始める SSL証明書の種類を選択
「登録設定を始める SSL証明書の種類を選択」をクリック

Let's Encrypt(無料SSL)を選択
「Let’s Encrypt(無料SSL)」右側の「利用する」をクリック

Let's Encryptの利用ポリシーに同意する
「Let’s Encryptの利用ポリシーに同意する」にチェックを入れて、「無料SSLを設定する」をクリック

これで設定は完了です。
Let's Encryptのインストール設定完了

これでしばらく(数分)待つとLet’s Encryptの設定が完了します。

HTTPへのアクセスをHTTPSへ強制リダイレクト

SSLのインストールが完了したら、
http://~へのアクセスをhttps://~へリダイレクトさせるための設定を行います。
この設定を行っておかないと、
http://~https://~のURLが混在してしまうの注意して下さい!

方法は簡単で、.htaccessに以下を追記してサーバー上にアップするだけです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htaccessのサーバ上へのアップロードは、FFFTPを使ってチャチャっと行って下さい。

FFFTPで.htaccessをアップロード

これで常時SSL化の設定は完了です。
数分で設定できる作業なので、ぜひ試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事