おすすめ記事
中古ドメインの取得方法は2パターン

以前、「中古ドメインが有効かどうか」についての記事を書きました。

個人的には、少しでも早く成果を出したいアフィリエイトにメリットの大きいドメインと考えています。

では、アフィリエイターの方はどのように「中古ドメイン」を選択しているのか?
アフィリエイト初心者の方は分からないことが多いですね。

「中古ドメイン」の選択方法にもいろいろありますが、
基本的には以下の2パターンが一般的です。

・中古ドメインの販売サイトで購入する
・期限切れのドメインを自分で探して取得する

こちらの記事では、それぞれについて詳しく説明していきます。

中古ドメインの販売サイトで購入する

「中古ドメイン」を取得する際の王道は、専門の販売サイトで購入するという方法です。

メリットとしては、

・専門知識のある方が選んだ優良な中古ドメインを購入できる
・自分で期限切れのドメインを探す手間を省ける(時間の節約)
・Googeからペナルティを受けている可能性が低い
・ブラックリストに登録されている可能性が低い

といったところです。

デメリットとしては、
・ドメインの価格が高い
 ※安いものだと数千円ですが、高いものだと1万円以上の中古ドメインもざらにあります。
という点です。

いいドメインを時間をかけずにゲットできるというメリットを考慮すると、
ドメインの価格が高い」というのもデメリットではなくなるかもですが、その辺は各自の考え方次第ですね。

中古ドメインを購入する際に有名なサイトは、「中古ドメイン販売屋さん」と「アクセス中古ドメイン」です。

どちらも大差はないです。
当然扱っているドメインは異なるので、両方で検索して探した方がいいです。

また、余裕のある方は、「ウルトラドメイン」も併せてドメインを探してみて下さい。
「中古ドメイン販売屋さん」や「アクセス中古ドメイン」と比べると扱っているドメイン数は少ないですが、意外に優良なドメインが見つかることもあるのでおすすめです。

期限切れのドメインを自分で探して取得する

期限切れのドメインを探す場合、一般的な方法としては「Expired Domains」というサイトで探して、
気に入ったドメインが見つかれば購入するという方法です。

このような感じで期限切れドメインが表示されます。
Expired Domainsの画面

私の場合には、「Expired Domains」で良いドメインが見つかれば、お名前.comで購入して管理しています。

会員登録しなくても利用できますが、検索機能を利用できません。
検索機能を利用できなければ探すのが大変過ぎるので、必ず会員登録をしてから利用しましょう。

 

「Expired Domains」を利用するメリットは、見つかったドメインは自分で取得することになるので、安く手に入れることができる!という点です。

例えば、お名前.comだとキャンペーン中だと1ドメイン100円以下で取得できることもあります。
キャンペーン中じゃなくても1ドメイン数百で取得できるのでおすすめです。

 

アフィリエイターの方の中には大量に中古ドメインを取得される方も多く、そういった方が「Expired Domains」のサイトを良く利用されています。

もし、「中古ドメイン販売屋さん」と「アクセス中古ドメイン」で1個5,000円のドメインを10個購入すれば、それだけで50,000万円掛かることになりますからね。

 

デメリットとしては、

・知識がないといい中古ドメインを見つけられない
・いい中古ドメインを探すのに時間が掛かるので、「中古ドメインの販売サイトで購入する」のよりも手間が掛かる
・優良な中古ドメインは世界中の人間と争奪戦になるので、期限が切れたタイミングで早目に取得しないといけない
 ※期限が切れる時間に合わせてPCに張り付いていけないといけない

といった点が上げられます。

「知識がないといいドメインを見つけられない」という点については、以下の検索条件を参考にして貰えば多少はカバーできると思います。

「Expired Domains」での検索条件

アカウントを作ってログインすると「Deleted Domains」という項目あるので、期限切れのドメインはこの画面から確認できます。
Expired Domainsの画面

Show Filter」というリンクをクリックすると、フィルター画面が表示されるので、この画面で条件を設定していきます。
「Common」タブ、「Additional」タブ、「Adwords & SEO」タブ、「Majestic」タブの4つのタブがあるので、それぞれのタブで設定していきます。

【「Common」タブ】

■「Common SEO」エリア
・「Backlinks」でmax「1000」を設定
 「Backlinks」はドメインに付いている被リンク数の数ですが、不自然に数が多すぎると怖いので、私は1,000件以下に設定します。
・「ACR」でmin「10」を設定
 「Wayback Machine」でのアーカイブ数の設定項目ですが、最低「10」以上に設定します

■「Listing Settings」エリア
「only new last 24 hours」と「only available Domains」にチェック
・「only new last 24 hours」は期限切れから24時間以内のドメインに限定します
 24時間以上前の期限切れドメインだと、良いドメインが残っていない可能性が高いです。
・「only available Domains」は、まだ取得可能なドメインのみに限定します
 ※既に他者に取得されてしまったドメインもあるので、必ずチェックを入れましょう

・「Domains per Page」で「200」を選択
 一画面辺りに表示する件数です

【「Additional」タブ】

こちらの画面では、ドメインの種類についてフィルター設定を行います。
日本国内だと取得できないドメインもあるので、私は「com」「net」「org」「biz」「info」「jp」「me」「co」にのみチェックを入れます。
※他にも必要なドメインがあれば、追加して下さい。

【「Adwords & SEO」タブ】

■「SEOkicks」エリア
・「Domain Pop」でmin「10」を設定

■「Wikipedia」エリア
・「Wikipedia」からリンクを貼られているドメインに限定する場合には、「Links」のminに数字を設定して下さい。

【「Majestic」タブ】

「Majestic(マジェスティック)」というSEOツールに関する設定を行います。

■「Majestic」エリア
・「Citation Flow」「Trust Flow」というMajesticのオリジナル評価項目があります。
 この2項目のminに、それぞれ「10」を設定します。

慣れてくると、各自で最適な設定内容を設定できるようになりますが、
初心者のうちはこちらの条件を参考にしてみて下さい。

購入しない方がいい中古ドメイン

購入しない方がいい中古ドメインについてもまとめておきます。

まず、「Wayback Machine」というサイトで過去の運用サイトをチェックして下さい。
「Wayback Machine」は世界中のサイトのアーカイブを取っていて、アーカイブしている数が圧倒的に多いです。
日本だと「ウェブ魚拓」というサイトが有名ですが、アーカイブされている量が少ないのであまり役には立ちません。

中古ドメインの場合には、持ち主が何度も変わっている可能性があるので、必ず数年分のサイトを確認するようにして下さい。

 

まず、中国語、日本語での運用歴のある中古ドメインは避けた方がいいです。[/color]
「日本語での運用歴もダメ?」と言われそうですが、「Wayback Machine」でチェックしてアフィリエイトで運用された形跡がないドメインであればOKです。
ただ、経験上から言うと、日本語での運用歴のある中古ドメインはほとんどがアフィリエイトで使い捨てにされています。
まっとうに運用されていた中古ドメインが見つかるのは稀です。
※まっとうに運用されていた中古ドメインがあったとしてもライバルに直ぐに取られるので、なかなか取得できません。

 

中国語での運用歴のある中古ドメインも同じです。
ただ、中国語が分からないと何も判断できないので、私は中国語での運用歴のある中古ドメインは取らないようにしています。

 

因みに、英語での運用歴のあるドメインでも良くない使われ方をしていた可能性は十分にあります。
必ず、「Wayback Machine」でチェックして、タイトルなどをチェックして下さい。
※Google翻訳などの翻訳サイトを使用すれば、何となく意味は分かると思います。

 

あと、ペナルティを受けていたり、ブラックリストに登録されている中古ドメインも避けた方がいいです。
必ず、「aguse.jp: ウェブ調査」などのサイトでブラックリストに登録されていないかをチェックして下さい。

ただ、ブラックリストに登録されていなかったとして、Googleからペナルティを受けている可能性はあります。
最終的には、「Google Search Console」に登録して、チェックしないと分からないのが現状です。

もし、ペナルティを受けている場合には、「Google Search Console」に以下のように表示されます。
Google Search Consoleのスパム判定画面

もしペナルティを受けていると、解除して貰うのも大変なので気をつけて下さい。

それと、これから開設しようとしているサイトと近い内容のサイト運用歴があると、よりいいです。
例えば、健康食品のサイトを構築する場合には、以前のサイトも健康食品、または、健康、食品に関するサイトだと、中古ドメインの効果をより得ることができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事