※当記事内には、商品プロモーションを含む場合があります
読んでほしい記事
グーペは外部で取得したドメインも利用可!設定方法を画像付きで詳しく解説!

今回は、外部のドメイン取得サービスで管理している独自ドメインをグーペ(Goope)で使用する方法を説明します。
画像付きで詳しく説明しているので、"グーペの利用を検討されている方"は(既に利用されている方も)、ぜひチェックしてください。

このような方はぜひお読みください!
・外部サービスで取得したドメインをグーペで利用できるか知りたい
・外部サービスで取得したドメインをグーペで利用する方法を知りたい
・ドメインにSSL(常時SSL化)を設定する方法を知りたい

 

ダッチ

グーペの評判、料金、機能についてはこちらのページも合わせてチェックしてみましょう!


 

因みに、独自ドメインはグーペでも取得することは可能です。
ですが、月額330円~となっており、年間にするとかなり割高になります。
※スタンダードプランの場合には、ドメインも全て無料で利用できます。

コストを抑えたい方は、お名前.comXserverドメインで取得することをおすすめします。
いずれかで取得してグーペで使用すると、年間で1,500円以下に利用料金を抑えることができます。

\グーペの申込みはコチラ↓/
15日間無料お試しあり!独自ドメイン・SSLも利用可!

 

そもそも、グーペで外部サービスで取得したドメインを利用できるの?

グーペでは、外部のドメイン取得サービスで取得した独自ドメインも問題なく利用できます。

ただ、その場合には、そのドメインを取得しているサービス側でネームサーバーの設定を行う必要があります。
ネームサーバーの設定は必須になるので、利用されているサービスの公式マニュアルなどを参考に設定を行ってください。

と言っても、グーペのネームサーバーの登録を行うだけなので、難しい作業ではないです。

また、当記事でも、例として「お名前.com」と「エックスサーバー」で設定する方法も紹介します。
そちらも参考にして頂ければと思います。

因みに、グーペのネームサーバーはこちらになります。

グーペのネームサーバー
  • プライマリ:dns1.goope.jp
  • セカンダリ:dns2.goope.jp

※プライマリとセカンダリを両方とも登録してください。

 

外部サービスで取得済みドメインを紐づける方法

外部サービスで取得・管理しているドメインをグーペで利用する場合、以下のような流れで設定を行います。

①、グーペの管理画面上でドメイン設定を行う

②、外部サービス画面上でネームサーバーの設定を行う

③、SSLの設定を行う
①と②の順番は逆でも大丈夫です。

外部サービスで取得したドメインをグーペで使用するには、"グーペ側でのドメイン設定"と"ドメインのネームサーバー設定"を行う必要があります。
また、今の時代は、必ずSSLの設定も行っておいた方が良いです。

 

ネームサーバー設定はサービスよって異なる

ネームサーバーの設定方法については、利用されているドメイン取得サービスによって異なります。
今回は、参考として、お名前.comとXserverドメインで取得しているドメインを使用して説明します。

ただ、他のサービスでドメインを管理されている方も多いと思います。
その場合は、各サービスの公式サイトをチェックしてください。

 

グーペ側でのドメイン設定

まずは、ドメイン設定から行っていきます。

グーペの管理画面を開いてください。
管理画面左上の「管理メニュー」という項目があるので、そこをクリックしてください。
グーペのドメイン設定

「独自ドメイン取得」というメニューがあるので、そちらを選択してください。
グーペのドメイン設定

グーペのドメイン設定
「すでに独自ドメインをお持ちの方は独自ドメイン設定へ」というテキストをクリックしてください。

グーペのドメイン設定
このまま「はい」のボタンをクリックしてください。

グーペのドメイン設定
テキストボックスに取得済みのドメイン名を入力して、「チェック」をクリックしてください。

グーペのドメイン設定
もしムームードメインでドメインを取得されている方は、「ムームードメイン」を選択してください。
それ以外のサービスでドメインを取得されている方は、「その他」をクリックしてください。

今回は、「その他」で設定を行います。

これで、ドメインの設定は完了です。
グーペのドメイン設定

再度、グーペ管理画面のトップページへ戻ってみてください。

このように、ホームページ情報のところに表示されているURLが、設定した独自ドメイン名になっていればOKです。
グーペのドメイン設定

これで、グーペ側でのドメイン設定が完了です。
次は、ドメインのネームサーバーの設定になります。

ドメインのネームサーバー設定

ネームサーバー設定は、利用されているドメイン取得サービスによって異なります。
なので、今回は、「お名前.com」または「Xserverドメイン」で取得した場合の方法を例にして説明します。

 

因みに、管理画面上でのネームサーバーの設定が完了しても、設定したネームサーバー情報は直ぐには反映されません。
反映が完了するまでの時間は30分~1日とかなり幅がありますが、通常は30分程度です。
ネームサーバー情報の反映が完了するまでは、独自ドメインでホームページを公開することはできないので注意してください。

 

まずは、お名前.comで取得した場合の方法から。

お名前.comで取得したドメインを使用する場合

お名前.comのドメイン管理の画面にログインしてください。
ログインすると、このような画面へ移動します。
お名前.comのネームサーバー設定
画面上部のグローバルメニューの中にある「ネームサーバーの設定」というメニューを選択してください。

このように取得済みのドメインが表示されるので、グーペで利用するドメインにチェックを入れてください。
お名前.comのネームサーバー設定
チェックを入れたら、画面を下へスクロールしてください。

「他のネームサーバーを利用」をクリックしてください。
お名前.comのネームサーバー設定

このように、ネームサーバー上場の登録画面が表示されます。
お名前.comのネームサーバー設定

ここで、グーペのネームサーバー(「dns1.goope.jp」と「dns2.goope.jp」)を入力してください。
お名前.comのネームサーバー設定
ネームサーバー情報を入力したら、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

お名前.comのネームサーバー設定
この画面が出た場合、今回は「設定しない」でOKです。

確認画面が表示されるので、ネームサーバー情報に誤りがないかチェックしてください。
お名前.comのネームサーバー設定
登録内容に問題が無ければ、「設定する」をクリックしてください。

これで、ネームサーバーの設定が完了しました。
お名前.comのネームサーバー設定
ネームサーバーの設定が完了しても、反映までにはしばらく時間が掛かります。
通常は30分以内で反映されますが、稀に1日以上かかることもあるので注意してください。

 

次は、Xserverドメインでの、ネームサーバー設定方法を紹介します。

Xserverドメインで取得したドメインを使用する場合

まずは、Xserverドメインの管理画面(契約管理ページ)へログインしてください。
このように、取得済みのドメインが表示されているはずです。
Xserverドメインのネームサーバー設定
該当ドメインの右側に表示されているメニューマークをクリックしてください。

いくつかのメニューが表示されるので、「ネームサーバー設定」を選択してください。
Xserverドメインのネームサーバー設定

ネームサーバーの設定画面が表示されるので、「その他のサービスで利用する」を選択してください。
Xserverドメインのネームサーバー設定

ネームサーバー情報の入力画面が表示されるので、グーペのネームサーバー(「dns1.goope.jp」と「dns2.goope.jp」)を入力してください。
Xserverドメインのネームサーバー設定

入力が完了したら、「確認画面ヘ進む」をクリックしてください。
Xserverドメインのネームサーバー設定

確認画面が表示されるので、ネームサーバー情報に誤りがないかをチェックしてください。
Xserverドメインのネームサーバー設定
内容に問題が無ければ、「設定を変更する」をクリックしてください。

これで、ネームサーバーの設定が完了です。
Xserverドメインのネームサーバー設定

ただ、ネームサーバーの設定が完了しても、設定した内容が反映までにはしばらく時間が掛かります。
通常は30分以内で反映されますが、稀に1日以上かかることもあるので注意してください。

 

因みに、ドメインのネームサーバー設定が完了していないと、SSLの設定でエラーが出ます。
SSL設定を行う場合には注意しましょう。

 

独自ドメインにSSLを設定する方法

ドメインの設定が完了したら、SSLの設定も行っておきましょう。
有料SSLオプションもありますが、今回は無料SSLを利用して説明します。

まずは、グーペの管理画面を開いてください。
ドメインにSSLを設定
画面左上にある「管理メニュー」を開いて、「SSLオプション」を選択してください。

ドメインにSSLを設定
「無料SSLオプション導入画面へ」をクリックしてください。

ドメインにSSLを設定
「無料SSLオプションを設定する」をクリックしてください。

10秒ほどで設定が完了します。
ドメインにSSLを設定
無料SSLの設定はこれで完了です。
簡単ですね!

一応、管理画面のトップページへ戻って、URLが「HTTPS」に変更されているかもチェックしておきましょう。
ドメインにSSLを設定

 

グーペでもドメインの新規取得は可能

グーペでも、新規ドメインを取得して使用することも可能です。

ライトプランを契約されている場合は、月額330円~となっています。
ただ、スタンダードプランを契約されている方は、独自ドメインも無料で使用することができます。

 

グーペで取得できるドメインの種類と金額は、こちらになります。

.com .net .org .info .biz .tokyo .nagoya .yokohama .okinawa330円
.jp .club .company .gallery .graphics .education .agency550円
.shop .works .coffee .kitchen .estate .events .community .industries .productions .repair .training880円
.expert .recipes1,100円

※料金は、税込み表示です。

 

独自ドメインの取得は、「管理メニュー」の中にある「独自ドメイン取得」から行います。
グーペで新規ドメインを取得

「独自ドメインの取得に進む」をクリックすると、ドメインの取得画面へ移動することができます。
グーペで新規ドメインを取得

\グーペの申込みはコチラ↓/
15日間無料お試しあり!独自ドメイン・SSLも利用可!

 

まとめ

今回は、GMOペパボが提供するホームページ作成サービス「グーペ(Goope)」で、外部取得したドメインを利用する方法を紹介しました。

グーペでは、外部のドメイン取得サービスで取得・管理している独自ドメインでも、問題なくホームページを公開できます。
独自ドメインを利用するにはいくつかの設定作業が発生しますが、難しい作業ではないです。

外部サービスで取得したドメインをグーペで使用したい方は、当記事を参考にして頂ければ幸いです。

サイト引越し屋さんもチェック!

因みに、グーペに興味をお持ちの方には、「サイト引越し屋さん」もチェックしてみましょう。
>> サイト引越し屋さん 公式サイト

こちらは、WordPress専門の引越し代行サービスになっており、既存のWEBサイトをお持ちの方におすすめのサービスです。

また、様々なシステムで作成したWEBサイトのWordPressへの移行作業も可能となっています。
例えば、以下のようなサービス・ツールで構築したWEBサイトを、WordPressへ移行することが可能となっています。

・グーペ
・Wix
・MT(Movable Type)
・ホームページビルダー
・Jimdo
・シリウス

SEO対策を意識したWordPressへの移行も可能で、法人の方にもおすすめのサービスです。
「サイト引越し屋さん」も合わせてチェックしてみましょう。
>> サイト引越し屋さん 公式サイト

 

この記事を書いた人
userimg
ダッチ
    プログラミング15年、WEB制作15年以上になります。

    レンタルサーバー、WordPressに強く、分からないことがあればご質問ください!
    解決のお手伝いを致します。
    ※特にエックスサーバー、Conoha Wing、ロリポップに強いです!

    ご質問は、ツイッター(X)のアカウントをフォローした上でDMよりお願いします。
    >> ツイッター(X)

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事